目次

macOS用エージェントの新機能

Windows、Linux、およびUnixエージェントの新しいリリースに関する情報については、 Deep Securityヘルプセンターを参照してください。

Deep Security Agent for macOSは現在、 Trend Micro Cloud One - Workload Securityでのみサポートされています。

「プレビュー中」セクションで説明されている変更は、現時点では特定のユーザのみが使用できます。詳細については、 トレンドマイクロのサポート問い合わせください。

Deep Security Agent for macOS-20.0.0-183(20 LTS Update 2022/11/22)

リリース日:2022年11月22日

ビルド番号:20.0.0-183

新機能

  • アクティビティ監視: Deep Security Agentは、追加のリモートシェルコマンドをサポートします。詳細については、Trend Micro Vision One (XDR)Remote Shellを参照してください。

プレビュー中

  • OSプロキシ: Deep Security AgentでOSプロキシ除外がサポートされるようになりました。詳細については、OSプロキシを有効にするを参照してください。
  • macOSバージョンのサポート: Deep Security AgentでmacOS Ventura(13.0.1以降)がサポートされるようになりました。

Deep Security Agent for macOS-20.0.0-182(20 LTS Update 2022/10/21)

リリース日:2022年10月21日

ビルド番号:20.0.0-182

新機能

  • アクティビティ監視: Deep Security Agentで、 Trend Micro Vision One ポータルからのカスタムスクリプト応答がサポートされるようになりました。
  • 手動検索を実行またはキャンセルする: [エージェントがトレンドマイクロの通知アプリケーションからの手動スキャンのトリガーまたはキャンセルを許可する] が選択されている場合、 Deep Security Agent は手動スキャンをトリガーまたはキャンセルできます (コンピュータ または [ポリシー]→[不正プログラム対策]→[一般]→[手動検索]))。
  • セキュリティアップデートのロールバック: Deep Security Agentでセキュリティアップデートのロールバックがサポートされるようになりました。

プレビュー中

  • アクティビティ監視: Deep Security Agentは、追加のリモートシェルコマンドをサポートします。詳細については、Trend Micro Vision One (XDR)Remote Shellを参照してください。

Deep Security Agent for macOS-20.0.0-180(20 LTS Update 2022/09/22)

リリース日:2022年9月22日

ビルド番号:20.0.0-180

新機能

  • アクティビティ監視: Deep Security Agentは、 Trend Micro Vision One ポータルからのリモートシェル応答をサポートします。サポートされるコマンドの詳細とリストについては、Trend Micro Vision One (XDR)Remote Shellを参照してください。

プレビュー中

  • アクティビティ監視: Deep Security Agentで、 Trend Micro Vision One ポータルからのカスタムスクリプト応答がサポートされるようになりました。
  • 手動検索を実行またはキャンセルする: [エージェントがトレンドマイクロの通知アプリケーションからの手動スキャンのトリガーまたはキャンセルを許可する] が選択されている場合、 Deep Security Agent は手動スキャンをトリガーまたはキャンセルできます (コンピュータ または [ポリシー]→[不正プログラム対策]→[一般]→[手動検索]))。
  • セキュリティアップデートのロールバック: Deep Security Agentでセキュリティアップデートのロールバックがサポートされるようになりました。

Deep Security Agent for macOS-20.0.0-173(20 LTS Update 2022/08/29)

リリース日:2022年8月29日

ビルド番号:20.0.0-173

新機能

  • アクティビティ監視: Deep Security Agentで、 Trend Micro Vision One ポータルからのファイル収集応答がサポートされるようになりました。
  • OSプロキシ: Deep Security Agent for macOSで、OSのプロキシ設定を適用して Trend Micro Cloud One - Workload Security、 Deep Security Relay、およびエージェントが設定した初期設定のプロキシが接続を失った場合、他のトレンドマイクロのバックエンドサービス

プレビュー中

  • アクティビティ監視: Deep Security Agentは、 Trend Micro Vision One ポータルからのリモートシェル応答をサポートします。サポートされるコマンドの詳細とリストについては、Trend Micro Vision One (XDR)Remote Shellを参照してください。

Deep Security Agent for macOS-20.0.0-167(20 LTS Update 2022/07/26)

リリース日:2022年7月26日

ビルド番号:20.0.0-167

プレビュー機能

  • アクティビティ監視: Deep Security Agent for macOSで、 Trend Micro Vision One ポータルからのファイル収集応答がサポートされるようになりました。
  • OSプロキシ: Deep Security Agent for macOSで、Agentで設定された初期設定のプロキシの接続が切断された場合に、OSのプロキシ設定を適用して Trend Micro Cloud One - Workload Security、 Deep Security Relay、および他のトレンドマイクロのバックエンドサービスに自動的に接続できるようになりました。

Deep Security Agent for macOS-20.0.0-158(20 LTS Update 2022-07-11)

リリース日:2022年7月11日

ビルド番号:20.0.0-158

新機能

  • 不正プログラム対策: リアルタイム検索手動検索、および予約検索はすべて、 Trend Micro Cloud One - Workload Securityからトリガできます。さらに、不正プログラム対策オフライン予約検索機能を使用すると、エージェントが Workload Securityに接続できない場合でも、不正プログラムの予約検索を実行できます。
  • Webレピュテーション: Deep Security Agent for macOSは、ブラウザ拡張機能(Safari、Chrome、およびFirefoxブラウザでは「Trend Micro ツールバー」)を使用して、 Webレピュテーション モジュールでHTTPとHTTPSの両方をサポートします。

プレビュー機能

  • デバイスコントロール: Deep Security Agent for macOSは、macOSでUSBマスストレージプロトコルのデバイスコントロールをサポートし、フルアクセス、Ready-Only、およびブロックのポリシーを使用できます。
  • アクティビティ監視: Deep Security Agent for macOSは、 Trend Micro XDRアクティビティ監視をサポートします。XDRおよびアクティビティ監視の詳細については、 Workload Security とXDRの統合を参照してください。Vision One ポータルからのネットワーク隔離応答もサポートされます。
  • セキュリティのアップデート: Deep Security Agent for macOSでは、パターンファイルアップデートとエンジンアップデートがサポートされます。ロールバックセキュリティアップデートのサポートは、今後のリリースで追加される予定です。