目次
このページのトピック

エラー:アクティビティ監視エンジンがオフラインです

アクティビティ監視モジュールの概要については、不正プログラムからの保護」を参照してください。

このエラーのトラブルシューティングを行うには

  1. Workload Securityコンソールで、同じコンピュータ上の他のエラーを探します。エラーが存在する場合は、通信やエージェントのインストールの失敗など、他の問題によってアクティビティ監視エンジンがオフラインになる可能性があります。
  2. エージェントからWorkload Security RelayおよびWorkload Securityへの通信を確認します。
  3. Workload Securityコンソールで、問題のあるエージェントの詳細を表示します。
    • アクティビティ監視のポリシーまたは設定が有効になっていることを確認します。
  4. エージェントを非アクティブ化してアンインストールしてから、再インストールして再度アクティブ化します。詳細については、 Workload Security AgentのアンインストールとAgentの有効エージェントを参照してください。
  5. Workload Securityコンソールで、[そのコンピュータのアップデート] に移動します。
    1. セキュリティアップデートが存在しており、最新であることを確認します。
    2. インストールされていない場合は、[セキュリティアップデートのダウンロード] をクリックします。

WindowsのAgent

WindowsでWorkload Security Agentのトラブルシューティングを行うには

  1. 次のサービスが実行されていることを確認します。
    • Trend Micro Workload Security エージェント
    • Trend Micro Solution Platform
  2. 次のコマンドを実行して、不正プログラム対策関連のすべてのドライバが正しく実行されていることを確認します。 # sc query AMSP
    • ドライバが実行されていない場合は、トレンドマイクロのサービスを再起動します。
    • ドライバがまだ実行されていない場合は、次の手順を実行します。
      1. インストール方法を確認します。 ZIPファイルではなく、MSIのみをインストールします。
      2. Agentを手動で削除して再インストールします。 Workload Security Agent、 Relay、NotifierをWindowsから手動でアンインストールするを参照してください。

Linuxエージェント

LinuxでWorkload Security Agentのトラブルシューティングを行うには

  1. コマンドラインで次のコマンドを使用して、エージェントが実行されていることを確認します。 service ds_agent status
  2. Linuxサーバを使用している場合は、カーネルがサポートされていない可能性があります。詳細については、「エラー: モジュールのインストールに失敗しました (Linux) 」を参照してください。