このページのトピック

Workload Security コンポーネントについて

Trend Micro Cloud One - Workload Security は、物理サーバ、仮想サーバ、クラウドサーバに高度なサーバセキュリティを提供します。企業のアプリケーションやデータを保護し、緊急でのパッチ適用を必要とすることなくデータ漏えいやビジネスの中断を防ぎます。この包括的な中央管理プラットフォームにより、セキュリティに関する処理を簡素化すると同時に、仮想化およびクラウドプロジェクトのROIを向上できます。

Workload Securityで使用可能な保護モジュールの詳細については、 Protectを参照してください。

Workload Security は、相互に連携して保護を提供する、次の一連のコンポーネントで構成されています。

  • Workload Security コンソールは、集中管理されたWebベースの管理コンソールで、管理者がセキュリティポリシーを設定し、施行コンポーネント( Deep Security Agent)に保護を配信するために使用します。
  • Deep Security Agentコンピュータに直接配信されるセキュリティエージェントです。アプリケーションコントロール、不正プログラム対策、ファイアウォールサービス、変更監視、侵入防御、セキュリティログ監視、およびログ検査それがインストールされているコンピュータへの保護です。
  • Deep Security Agentには、 Relay モジュールが含まれています。リレー対応エージェントは、 Deep Securityコンポーネントのネットワーク全体にソフトウェアおよびセキュリティのアップデートを配信します。
  • Deep Security Notifier は、ローカルコンピュータからセキュリティステータスやイベントについて情報をやりとりするWindowsシステムトレイアプリケーションです。また、リレー対応エージェントの場合は、ローカルコンピュータから配信されるセキュリティアップデートに関する情報も提供します。