目次

エージェントをアンインストールする

有効化されたDeep Security Agentをコンピュータから手動でアンインストールする場合、コンピュータは、ソフトウェアがアンインストールされたことをWorkload Securityに通知しません。 Workload Securityコンソールの[ コンピュータ ]ページでは、コンテキストに応じて、コンピュータのステータスが [管理対象 (オフライン)] または類似のステータスとして表示されます。これを回避するには、 Workload Securityでエージェントを非アクティブ化してからアンインストールするか、インストール後にリストからコンピュータを削除します。

WindowsでのAgentのアンインストール

WindowsでAgentまたはRelayをアップデートまたはアンインストールする前に、Agentの自己保護を無効にする必要があります。これを行うには、Workload Securityコンソールで、 [コンピュータエディタ]→[設定]→[一般]の順に選択します。 [ Agent Self Protection] で、[ ローカルのエンドユーザによるAgentのアンインストール、停止、または変更を拒否] の選択を解除するか、ローカルオーバーライドのパスワードを入力します。

次の手順でAgentをアンインストールします。

  1. Workload Security コンソールを使用してエージェントを無効にするには、[ Computers ]画面に移動し、コンピュータを右クリックして[ 処理]→[の無効化]を選択します。

    Workload Securityがエージェントと通信できないためにエージェントを非アクティブ化できない場合は、次の手順に進む前に次のコマンドを実行します。

    C:\Program Files\Trend Micro\Deep Security Agent>dsa_control --selfprotect 0
  2. [コントロールパネル] に移動し、[プログラムのアンインストール] を選択します。 Trend Micro Deep Security Agentを探し、 [アンインストール] を選択します。

または、次のようにコマンドラインからアンインストールすることもできます。

msiexec /x <package_name_including_extension>

サイレントアンインストールの場合は、前述のコマンドに /quiet を追加します。

LinuxでのAgentのアンインストール

LinuxでAgentをアンインストールする前に、Agentのセルフプロテクションが有効になっているかどうかを確認してください。有効になっている場合は、ポリシーまたはコンピュータレベルで無効にする必要があります。詳細については、「Agentセルフプロテクションの有効化または無効化」を参照してください。

Linuxのバージョンにグラフィカルパッケージ管理ツールが用意されている場合は、 ds_agent パッケージを検索し、ツールを使用してパッケージを削除できます。それ以外の場合は、コマンドラインの指示を使用します。

Red Hat Package Manager (RPM) を使用するプラットフォーム ( CentOS 、Amazon Linux、Oracle Linux、SUSE、Cloud Linuxなど) でエージェントとエージェントが作成した設定ファイルを完全に削除するには、次のコマンドを入力します。

# sudo rpm -ev ds_agent
Stopping ds_agent: [ OK ]
Unloading dsa_filter module [ OK ]

エージェントのインストール前にiptablesを有効にした場合は、 エージェントのアンインストール時に再度有効になります。

プラットフォームでDebianやUbuntuなどのDebianパッケージマネージャ (dpkg) を使用している場合は、次のコマンドを入力します。

$ sudo dpkg -r ds-agent
Removing ds-agent...
Stopping ds_agent: .[OK]

Solaris 10でのAgentのアンインストール

次のコマンドを入力します。

pkgrm ds-agent

アンインストール後に再起動が必要になる場合があります。

Solaris 11でのAgentのアンインストール

次のコマンドを入力します。

pkg uninstall ds-agent

アンインストール後に再起動が必要になる場合があります。

AIXでのAgentのアンインストール

次のコマンドを入力します。

installp -u ds_agent

macOSでのAgentのアンインストール

エージェントをアンインストールする前に、次の手順に従って自己保護を無効にする必要があります。

  1. ターミナルから次のコマンドを入力します。
cd "/Library/Application Support/com.trendmicro.DSAgent"
  1. 次のコマンドを入力します。
sudo ./dsa_control -s 0

セルフプロテクションが無効になりました。

Workload Securityからセルフプロテクションを無効にする方法については、Workload Securityコンソールからセルフプロテクションを設定するを参照してください。

次のように、組み込みのDSAUninstallerツールを使用してエージェントをアンインストールします。

sudo /opt/dsa/DSAUninstaller --all

「アンインストールが完了しました」というメッセージが表示されたら、アンインストールが正常に完了したことを示します。

Red Hat OpenShiftでのAgentのアンインストール

次のコマンドを入力します。

helm uninstall ds-agent

Notifierをアンインストールします

Windowsのコントロールパネルで、[プログラムの追加と削除] を選択し、[Trend Micro Deep Security Notifier] をダブルクリックして、 [削除] をクリックします。

コマンドラインからアンインストールするには、次のコマンドを実行します。

msiexec /x <package_name_including_extension>

サイレントアンインストールの場合は、前述のコマンドに /quiet を追加します。