APIとSDK - 自動化のためのDevOpsツール

Workload Security APIを使用すると、操作タスクを自動化して、生産性を向上できます。

  • ポリシーを設定してコンピュータを保護する
  • 脆弱性を発見してパッチを当てる
  • ルーチンのメンテナンスタスクの実行

APIとSDK

Workload Security APIは、使用するRESTful APIです。 HTTP要求が Workload Securityと対話するようにします。SDKには、PythonでAPIを使用するPythonパッケージが含まれています。

APIレファレンス/参照情報 では、対話する各リソースに関する情報を提供します。

  • 各リソースに対して実行可能な操作の説明(GET、POSTなど)
  • 要求パス、ヘッダ、およびペイロード
  • リクエストと応答メッセージの例

このようなガイドでは、典型的なWorkload Security操作タスクを自動化する方法の例を使用してSDKを使用する方法について説明します。

APIバージョン

APIがバージョン管理されています。作成する要求には、 api-version ヘッダで使用するバージョンを指定する必要があります。最初のバージョンは v1です。

新しいバージョンはめったにリリースされませんが、使用しているAPIバージョンが Workload Securityと互換性があることを確認する必要があります。ただし、 Workload Security はAPIのすべてのバージョンと下位互換性があります。たとえば、コードで v1 APIを使用していてマネージャをアップグレードしても、コードの動作は変更されません。ただし、使用可能な最新バージョンのAPIを常に使用する必要があります。

レガシRESTおよびSOAP API

Deep Security 11.1より前に提供されたREST APIおよびSOAP APIは変更されていません。これらはすでに非推奨となっているため、新しい機能は追加されませんが、既存のAPI機能は引き続き通常どおりに機能します。

Workload Security には、引き続き従来のDeep Security RESTおよびSOAP APIが含まれています。使用方法については、次のガイドを参照してください。

次のステップ

APIを使用した最初の要求の送信