このページのトピック

リストの作成と変更

保護モジュールの設定に使用されるいくつかの種類のリスト(ディレクトリリスト、ファイル拡張子リスト、ファイルリスト、IPリスト、MACリスト、およびポートリスト)を作成できます。各リストの作成方法は非常に似ています。

  1. リストオブジェクトを作成します。

  2. 名前や説明などの一般的なプロパティを設定します。

  3. アイテムをリストに追加します。リストの種類によって、追加する項目の性質が決まります。

  4. リストオブジェクトに関連付けられているAPIオブジェクトを使用して、リストを Workload Securityに追加します。たとえば、 DirectoryListsApi オブジェクトを使用してディレクトリリストを追加します。

リストを変更するには、リストを取得して変更し、リストを更新します。他のオブジェクトと同様に、リストを取得するには、検索したり、IDでリストを取得したり、すべてのリストを取得したり、特定のリストを探すことができます。

次の例では、ディレクトリをディレクトリリストに追加します。

ソースを表示

dir_list = api.DirectoryList()

dir_lists_api = api.DirectoryListsApi(api.ApiClient(configuration))



try:

    dir_lists = dir_lists_api.list_directory_lists(api_version)



    for dir in dir_lists.directory_lists:

        if dir.name == dir_list_name:

            dir_list.dir_list = dir



    # Create the directory list if dir_list_name was not found

    if dir_list.name == None:

        dir_list.name = dir_list_name

        dir_list = dir_lists_api.create_directory_list(dir_list, api_version)



    dir_list_with_directory = api.DirectoryList()

    dir_list_with_directory.items = dir_path



    return dir_lists_api.modify_directory_list(dir_list.id, dir_list_with_directory, api_version)



except api_exception as e:

    return "Exception: " + str(e)

また、APIレファレンス/参照情報の ディレクトリリスト 操作の変更を参照してください。API呼び出しの認証の詳細については、 Workload Security<を参照してください。