Python SDK

Workload Security Python SDKは、APIとのやり取りに使用できるモジュールを含むパッケージで構成されています。Postmanやcurlなどのツールを使用して直接APIを使用する場合は、SDKは必要ありません。

Python SDKを使用するように設定する

前提条件

  • Python 3.4または3.7のバージョン

    Python実行可能ファイルがシステムパスに存在している必要があります。Windowsの場合、Pythonインストーラで、インストールの開始時に Python 3.をPATH に選択します。Linuxの場合、PythonはPythonのインストール時にシステムパスに追加されます。

  • ピップパッケージマネージャー

    Windowsの場合、pipはPythonとともにインストールされます。Linuxの場合、pipはPythonとは別にインストールします。Linuxディストリビューションのパッケージマネージャを使用してpipをインストールできます。

Python SDKをダウンロードしてインストールする

あなたがダウンロードしたことを確認してください互換性のあるSDKWorkload Security

  1. SDKをダウンロードします。
  2. Python SDK ZIPファイルを展開します。
  3. コマンドラインまたはターミナルを開き、現在のディレクトリを抽出された内容のディレクトリに変更します。
  4. モジュールと依存関係をインストールするには、次のコマンドを入力します。

    以下のコマンドは、Python実行可能ファイルがシステムパスにあることを前提としています。

    Windows

    python -m pip install .

    Linux / Mac

    python3 -m pip install .

Python IDEをインストールする

任意のPython IDEを使用して、 Workload Security APIの開発を行うことができます。インストールする必要がある場合は、PyCharm Community Editionを使用することをお勧めします。これは、無料でサポートされており、包括的な機能セットを備えています。

Windows

PyCharm Community Editionをダウンロードしてください。

Linux

Linuxディストリビューションの PyCharmのインストール手順 に従ってください。

Eclipseを使用する場合は、次のビデオでPython SDKを使用してEclipse IDEを設定する手順を実行します。

SDKをPyCharmのプロジェクトに追加する

次の手順に従って、 Workload Security オートメーションガイドでコード例を実行できるPyCharmプロジェクトを作成します。

  1. PyCharmを実行します。
  2. [新規プロジェクトの作成]をクリックします。
  3. 場所で、必要に応じて保存するフォルダを変更し、プロジェクトの名前を入力します。
  4. [ プロジェクトインタープリタ:新しい仮想環境]をクリックします。
  5. [グローバルサイトパッケージの継承]を選択します。
  6. [ Create]をクリックします。

次の手順

  • Workload Security APIでSDKを使用する方法を理解するには、 API ガイドを使用した最初の要求の送信ガイドを参照してください。
  • APIの使用に慣れている場合や、SDKを使用する特定のタスクが必要な場合は、 のコード例 の実行を参照して、他の Workload Security オートメーションガイドのタスクベースの例を参照してください。

    コード例は、他の Workload Security オートメーションガイドのいずれかから、上記で作成したプロジェクトに追加できます。