ポリシーで使用するポートリストの作成

複数のルールで使用できるように、ポート番号のリストを作成します。異なるルールごとに作成された複数の同じリストよりも、単一のリストの方が容易に管理できます。

既存のリストに類似するポートリストを作成するには、既存のリストを複製して編集します。

個々のポートおよびポート範囲をリストに含めることができます (例: 80、20-21)。テキストの先頭にナンバー記号 (「#」) を付けたコメントをポートリストに挿入できます。

一般的に受け入れられているポート番号割り当てのリストについては、Internet Assigned Numbers Authority (IANA) を参照してください。 Workload Security、 Deep Security Relay、またはDeep Security Agentで使用されるポート番号のリストについては、 ポート番号を参照してください。

  1. [ポリシー]→[共通オブジェクト]→[リスト]→[ポートリスト] の順にクリックします。

  2. [新規]→[新規ポートリスト] の順にクリックします。

  3. 名前を入力し、必要に応じて説明を入力します。

  4. [ポート] リストで、ポート番号を1行に1つずつ追加します。

  5. [OK] をクリックします。

ポートリストをインポート/エクスポートする

1つ以上のポートリストをXMLファイルまたはCSVファイルにエクスポートできます。また、XMLファイルからリストをインポートできます。

  1. [ポリシー]→[共通オブジェクト]→[リスト]→[ポートリスト] の順にクリックします。

  2. 1つ以上のリストをエクスポートするには、リストを選択し、[エクスポート]→[選択したアイテムをCSV形式でエクスポート]、または [エクスポート]→[選択したアイテムをXML形式でエクスポート] をクリックします。

  3. すべてのリストをエクスポートするには、[エクスポート]→[CSV形式でエクスポート]、または [エクスポート]→[XML形式でエクスポート] をクリックします。

  4. リストをインポートするには、[新規]→[ファイルからインポート] をクリックし、ウィザードの指示に従います。

ポートリストを使用するルールを確認する

ポートリストを使用するルールを確認すると、変更によって影響を受けるルールを把握できるので便利です。たとえば、ルールによって使用されていないことを確認してから、ポートリストを削除できます。

  1. [ポリシー]→[共通オブジェクト]→[リスト]→[ポートリスト] の順にクリックします。

  2. ポートリストを選択し、[プロパティ] をクリックします。

  3. [割り当て対象] タブをクリックします。