目次

コンテナ保護の管理

コンテナ保護では、他の保護モジュールをコンテナに適用できます。モジュールは次のとおりです。

  • リアルタイムシーン
  • ファイアウォール
  • 侵入防御

コンテナの保護を有効にするには、Workload Securityのライセンスが必要です。

リアルタイム検索を適用する

これにより、不正プログラム対策モジュールで設定したリアルタイムの不正プログラム対策検索が適用されます。初期設定では、この機能は Onです。

リアルタイム検索の詳細については、不正プログラム対策についてを参照してください。

  1. コンピュータエディタまたはポリシーエディタで、[設定]→[コンテナ保護]の順に選択します。

  2. [ リアルタイム検索 ]セクションに移動します。

  3. [ 検索およびコンテナファイルのアクティビティをリアルタイムで監視する ]ドロップダウンから、次の項目を選択します。

    • いいえ: リアルタイム検索を無効にします。
    • はい: リアルタイム検索を有効にします。
  4. [保存]をクリックして変更を保存します。

ファイアウォール設定を適用する

これにより、ファイアウォールの設定がコンテナのネットワークトラフィックに適用されます。初期設定では、この機能は Offです。

ファイアウォールの詳細については、ファイアウォールについてを参照してください。

  1. コンピュータエディタまたはポリシーエディタで、[設定]→[コンテナ保護]の順に選択します。

  2. [ ファイアウォール ]セクションに移動します。

  3. [ コンテナのネットワークトラフィックの検索 ]ドロップダウンから、次の項目を選択します。

    • いいえ: ファイアウォール保護をオフにします。
    • はい: ファイアウォール保護をオンにします。
  4. [保存]をクリックして変更を保存します。

侵入防御の設定を適用する

これにより、侵入防御ルールを適用できます。初期設定では、この機能は Offです。

侵入防御の詳細については、侵入防御についてを参照してください。

  1. コンピュータエディタまたはポリシーエディタで、[設定]→[コンテナ保護]の順に選択します。

  2. コンテナの保護 セクションに移動します。

  3. [ コンテナのネットワークトラフィックの検索 ]ドロップダウンから、次の項目を選択します。

    • いいえ: 侵入防御をオフにします。
    • はい: 侵入防御をオンにします。
  4. [保存]をクリックして変更を保存します。