目次
このページのトピック

Service Gatewayの転送プロキシをEndpoint & Workload Securityと統合する

Service Gatewayで転送プロキシを有効にして、Endpoint & Workload Securityに適用できます。転送プロキシの設定は、Trend Vision Oneが管理するDeep Workload Security Deep Security Agentに配信されます。

設定を受信したAgentは、転送プロキシを介してSmart Protection Serviceなどの各サービスサーバに接続します。サーバに到達できない場合は、ポリシーで設定されている代替プロキシを使用します。

転送プロキシを有効にする

Trend Vision Oneでフォワードプロキシを有効にできます。手順については、「Service Gatewayでのサービスの管理」を参照してください。

Endpoint & Workload Security が Trend Vision One と統合されると、フォワード プロキシ情報が Endpoint & Workload Security コンソールの [管理] > [システム設定] > [プロキシ] > [プロキシサーバ] に表示されます。

転送プロキシ設定がEndpoint & Workload Securityに同期されると、 Agentは次回のポリシーチェックで設定を受信します。