このページのトピック

「Smart Protection Serverへの接続不能」エラーのトラブルシューティング

不正プログラム対策 または Webレピュテーション モジュールを使用している場合は、「Smart Protection Server が スマートスキャンに対して切断されました」または「Smart Protection Server が Webレピュテーションに対して切断されました」のいずれかのエラーが表示されることがあります。 Workload Security コンソールに表示されます。エラーを修正するには、次のトラブルシューティングのヒントを試してください。

エラーの詳細を確認する

エラーメッセージをダブルクリックして、サーバが接続しようとしているURLなどの詳細情報を表示します。次のようなエラーがあります。

  • タイムアウトになる。
  • ホスト名を解決できない。

コマンドプロンプトでnslookupを使用して、DNS名がIPアドレスに解決されるかどうかを確認します。URLが解決されない場合は、ローカルサーバでDNSの問題が発生します。

telnetクライアントを使用して、ポート80と443でURLへの接続をテストします。接続できない場合は、すべてのファイアウォールやセキュリティグループなどが、それぞれのポートでURLへの送信トラフィックを許可していることを確認します。