このページのトピック

APIキーを作成するWorkload Securityコンソールを使用する

Workload Securityでの要求の認証に使用するAPIキーを作成します。Workload SecurityへのAPIアクセスが必要なすべてのユーザに対して、1つのAPIキーを作成することをお勧めします。

APIキーが作成されると、APIキーに関連付けられた一意の秘密キーが提供されます。この秘密鍵はAPI呼び出しで認証に使用します。秘密鍵は、秘密鍵が提供された時点で保存する必要があります。秘密鍵を取得できるのは他にはないからです。秘密鍵が失われた場合は、新しいAPIキーを作成するか、APIキー用の新しい秘密鍵を作成する必要があります。

APIキーを作成するには、管理者権限を持つアカウントが必要です。

新しいAPIキーを作成するには、次の手順に従います。

  1. [管理]→[ユーザ管理]→[APIキー]の順に選択します。 2.[ 新規 ]をクリックします。 3.[プロパティ]ウィンドウで、APIキーの および の説明 を入力します。
  2. 役割 リストをクリックし、役割を選択します。監査担当者 は、APIを介してWorkload Securityへの読み取り専用アクセスを許可し、 フルアクセス は、読み取りアクセスと書き込みアクセスの両方を許可します。より具体的なAPIキーユーザの役割が必要な場合は、[ New ]を選択して定義できます。[ユーザの役割の定義]を参照してください。(user-roles.md)を参照してください。
  3. 言語を選択します。 6.キーに関連付ける タイムゾーン を選択します。これは、API呼び出しおよび応答の日時の値を解釈するために使用される初期設定のタイムゾーンです。 7.オプションで、 で[ Expires]を選択し、特定の期間にアクセスを制限する日付を選択します。 8.[ OK ]をクリックします。
  4. 秘密鍵の値をコピーします。

今すぐ秘密鍵の値をコピーしてください。これが唯一の時間です。

既存のAPIキーをロックアウトする

既存のAPIキーが危険にさらされている場合は、ロックすることができます。

1.ロックアウトするAPIキーをダブルクリックします。 2.必要に応じて Locked Out() の認証に拒否された権限)を選択して、APIキーの使用をブロックします。 3.[ OK ]をクリックします。