このページのトピック

Workload Security デモをお試しください

必要に応じて、 を見ることができます。Deep Deep Security as a Serviceのデモアプリケーション「 」をYoutubeでお試しください。

Workload Security デモアプリケーションを試して、保護されたコンピュータを追加してさまざまな保護モジュールを調べる方法を学習できます。

  1. Workload Security コンソールで、[ Support]→[Deployment Scripts]の順に選択します。展開スクリプトの詳細については、 展開スクリプトを使用したコンピュータの追加および保護を参照してください。

  2. プラットフォームLinuxエージェントの配信 に設定し、 のセキュリティポリシーの基本ポリシー>デモに設定します。

  3. 配置スクリプトをクリップボードにコピーします。

  4. AWSコンソールに移動し、[ サービス]→[計算]→[EC2]の順に選択します。

  5. サイドメニューから Instances を選択します。 [インスタンスの起動]をクリックします。

  6. Ubuntu Server 18.04 をリストから選択します。

  7. でインスタンスの種類を選択し、[ t2.micro]を選択します。[ ] [次へ] [インスタンスの詳細の設定] []の順にクリックします。

  8. の[インスタンスの詳細の設定]で、 のネットワーク および のサブネット を選択します。これらのコンピュータには、インターネットにアクセスできます。

  9. [ 詳細の詳細] ペインを開き、配信スクリプトを貼り付けます。

  10. 展開スクリプトで、次のコマンドを貼り付けます。
    curl https://raw.githubusercontent.com/deep-security/demo-app/master/demo-app.sh | sudo bash
    これで、tomcatがインストールおよび設定されます。

  11. ストレージまたはタグを追加する必要はありません。そのため、 の[セキュリティグループの設定] [ ]画面が表示されます。

  12. SSHルールHTTPルール を追加し、 ソースMy IPに設定します。このセキュリティグループは、 Deep Security Agentがインストールされるまでインスタンスへの外部アクセスをブロックする唯一のものです。そのため、IPアドレスからのアクセスのみを許可することをお勧めします。

  13. [ Review]および[を起動]をクリックします。

  14. ポップアップウィンドウで、 を選択します。キーペアのないを続行します。 [インスタンスの起動]をクリックします。

  15. インスタンスIDをクリックして、AWSコンソールに移動します。インスタンスとデモアプリの起動とインストールには約5分かかります。
    インスタンスが実行され、必要なチェックがすべて完了したら、 Workload Security コンソールおよびDeep Security Agentの準備が整いました。

  16. 新しいインスタンスを表示するには、 Workload Security コンソールを開き、[ Computers]に移動します。新しいインスタンスが表示されます。

  17. デモアプリケーションにアクセスするには、[AWS Instance]画面に戻り、 Public DNS をコピーし、最後に / demo-app が付いたブラウザにURLを入力します。

  18. 選択したセキュリティモジュールを起動します。

  19. セキュリティイベントを表示するには、 Workload Security コンソールを開き、[ Computers ]に移動して、デモ用コンピュータをダブルクリックします。

  20. ポップアップウィンドウで、起動したセキュリティモジュールを選択し、そのモジュールの[ Events ]ページに移動します。

  21. イベントが発生していない場合は、[ Get Events]をクリックします。詳細については、イベントをダブルクリックしてください。

これで自分のアカウントを追加できます。次の手順については、 Workload Securityの使用を開始するを参照してください。