このページのトピック

プロテクトされたLinuxインスタンスでの不正プログラム対策のデバッグログの増加

Linux OSで実行中のAMに関する問題の診断に使用される 不正プログラム対策 (AM)デバッグログの冗長性を増減できます。

不正プログラム対策 デバッグログが自動的にインクルードされます。

診断パッケージの作成については、「診断パッケージの作成」を参照してください。

不正プログラム対策 デバッグログレベルを増やすには、Linuxインスタンスのシェルで次のコマンドをスーパーユーザとして入力します。

killall -USR1 ds_am

このコマンドはレベルを1つ上げます。初期設定のレベルは6、最大レベルは8です。

不正プログラム対策 デバッグログレベルを下げるには、Linuxインスタンスのシェルで次のコマンドをスーパーユーザとして入力します。

killall -USR2 ds_am

このコマンドはレベルを1つ下げます。最小レベルは0です。

Linuxディストリビューションでkillallを使用しない場合は、pkillコマンドに置き換えることができます。