このページのトピック

新しいAzure Resource Manager接続機能へのアップグレードについて

次回Azureクラウドアカウントを Workload Securityに追加しようとすると、新しいResource Manager接続機能にアップグレードすることを示すメッセージが表示されます。基本的に、この新しい機能により、 Workload Security は、Resource Managerインタフェースを使用してAzure仮想マシンに接続できます。Azureユーザには周知のことですが、Azureの初期設定のデプロイモデルは、クラシックモデルから新しいResource Managerに変更になっています。このモデルを使用して初期設定で新しいリソースが配信されるため、 Workload Security では、Resource Managerインタフェースとの通信が可能な場合にのみ、[Computers]画面にこれらのVMリソースを表示できます。したがって、 Workload Security の新しい機能へのアップグレードを許可した場合、Resource Manager配置モデルまたは従来の配置モデルのいずれかが配置されたVMリソースが[コンピュータ]ページに表示されます。

このアップグレードを実行するまで、Resource Managerを使用して配信されたVMは Workload Security によって完全に保護されていますが、[Computers]画面で確認できるようにするためには、コンピュータオブジェクトとして追加する必要があります。詳細については、 を参照してください。なぜ Workload SecurityのAzureサブスクリプション内のすべてのVMを表示できないのですか。