このページのトピック

コンピュータの追加

APIを使用して、 Workload Security に新しい資産を保護するプロセスの一部としてコンピュータを追加できます。

APIを使用する前に、次の種類の予約タスクを使用してコンピュータを自動的に検出および追加することを検討してください。

  • コンピュータの検出
  • クラウドアカウントの同期
  • ディレクトリの同期
  • VMware vCenterの同期
詳細については、 予約タスクを使用した保護の更新または Schedule Workload Security を参照してタスクを実行してください。

次の一般的な手順を使用してコンピュータを追加します。

  1. Computer オブジェクトを作成し、ホスト名を設定します。ホスト名は唯一の必須プロパティです。値は、コンピュータに解決されるホスト名またはIPアドレスである必要があります。

    computer = api.Computer()
    computer.host_name = hostname
  2. その他のプロパティは必要に応じて設定します。使用可能なプロパティについては、APIレファレンス/参照情報の Create a Computer 処理を参照してください。

  3. ComputersApi オブジェクトを作成し、それを使用して Workload Securityでコンピュータを作成します。

    computers_api = api.ComputersApi(api.ApiClient(configuration))
    new_computer = computers_api.create_computer(computer, api_version)

    設定可能なプロパティについては、APIリファレンスの Create a Computer 操作を参照してください。

    また、 Workload Security コンソールを使用して、コンピュータの追加時に自動的にコンピュータを設定するタスクを作成することもできます。 コンピュータの追加または変更時にタスクを自動的に実行するを参照してください。

    従来のREST APIを使用すると、有効化されたエージェントを実行しているコンピュータでリレーを有効にできます。Deep Security Gitリポジトリには、次のタスクを実行するスクリプトが含まれています。

    バックグラウンド情報については、&nbspを参照してください。Relayを使用してセキュリティアップデートとソフトウェアアップデートを配布します。

ソースを表示

# Create the computer object
computer = api.Computer()
computer.host_name = hostname

# Add the computer to Workload Security
computers_api = api.ComputersApi(api.ApiClient(configuration))
new_computer = computers_api.create_computer(computer, api_version)
return new_computer.id