Agent package integrity check

Deep Security Agentの署名が検証され、署名後にソフトウェアファイルが変更されていないことが確認されます。整合性チェックは次の場合に実行されます。

1.Deep Security Agentをアップグレードしています。 2.カーネルサポートがアップデートされるように、新しいセキュリティモジュールを有効にしています。検証が失敗した場合は、プラグインのインストールとエージェントのアップグレードがブロックされています。

のトラブルシューティング

ID イベント Reason ソリューション
5302

Agent/Plugin パッケージの署名のダウンロードに失敗しました。

エージェントの整合性チェックに使用されるシグネチャファイルは、アップデート元から入手できません。Deep Security Relayが必要なバージョンにアップグレードされないことがあります。

Deep Security Relayを環境内にインストールしていない場合は、次の手順を実行します。

  1. 診断パッケージを作成してログし、トレンドマイクロのサポートチームに送信してください。

Deep Security Relayを持っている場合:

  1. アラートページで、「エージェントの整合性チェックに必要なリレーのアップグレード」アラートがないかどうかを確認します。アラートが存在する場合は、サポートされているのDeep SecurityリレーバージョンはのDeep Securityリレーがそれに応じてをアップグレード参照してください。署名ファイルがアップデート元に同期されていることを確認します。
  2. 署名ファイルがアップデート元に同期されていることを確認してください。
  3. エージェントをアップグレードするか、アップデートしたポリシーを再度送信してください。
  4. 問題が解決しない場合は、診断パッケージとログを作成して、トレンドマイクロのサポートチームに送信してください。
5300 Agent/Plugin パッケージ署名の検証に失敗しました。 エージェントパッケージが改ざんされているか、パッケージに問題がある可能性があります。 診断パッケージを作成してログし、トレンドマイクロのサポートチームに送信してください。
5301 Agent/Plugin パッケージの検証に失敗しました。
5303 Agent/Plugin パッケージのシグネチャがポリシー内のシグネチャと一致しません。

サポートされるDeep Security Relay のバージョン

次のDeep Security Relayのバージョンがサポートされています。

  • Deep Security 20
  • Deep Security FR2020-04-16(12.5.0.834)(Windows)
  • Deep Security FR2020-05-19(12.5.0.936)(Linux)
  • Deep Security 12.0 update 8(12.0.0.967)
  • Deep Security 11.0 Update 23(11.0.1617)