コンピュータの追加について

Workload Security コンソールの Computers ページを使用すると、 Workload Securityで保護しているコンピュータを管理および監視できます。

この画面は定期的に自動更新され、最新情報が表示されます(更新頻度はユーザごとに変更できます。[管理]→[ユーザ管理]→[ユーザ] の順に選択し、ユーザアカウントをダブルクリックして [プロパティ] 画面を表示します。 Settings タブの Refresh Rate セクションで、ページの更新頻度を変更します。)

Workload Security

コンピュータにインストールされた後、エージェントが Workload Securityによって活性化されなければなりません。アクティベーションの実行中は、 Workload Security によってエージェントにフィンガープリントが送信されます。その後、エージェントは Workload Security インスタンスからのみ指紋を受信します。

Computers ページからコンピュータを追加できます。

コンピュータのグループ化

組織でコンピュータグループを作成すると、ポリシーの適用と管理のプロセスを迅速化できるため、便利です。グループは、[コンピュータ] 画面の左側のツリー構造に表示されます。新しいグループを作成するには、新しいコンピュータグループを作成するコンピュータグループを選択して、[追加]→[グループの作成] の順にクリックします。

グループにコンピュータを移動するには、コンピュータを選択して、[処理]→[グループへの移動] の順にクリックします。ポリシーは、コンピュータグループレベルではなく、コンピュータレベルで適用されることに注意してください。コンピュータグループ間でコンピュータを移動しても、そのコンピュータに割り当てられているポリシーへの影響はありません。

グループを削除するには、グループを右クリックして、[グループの削除] をクリックします。コンピュータが含まれていないコンピュータグループおよびサブグループのないコンピュータグループのみ削除できます。

スマートフォルダによるコンピュータの動的なグループ化もできます。

コンピュータリストをエクスポートする

[コンピュータ] 画面で [エクスポート] をクリックして、コンピュータリストをXMLまたはCSVファイルにエクスポートできます。エクスポートは、コンピュータの情報をバックアップしたり、コンピュータの情報を他のレポートシステムと統合したりする場合に便利です。

エクスポートされるコンピュータファイルには、割り当てられたポリシー、ファイアウォールルール、ファイアウォールステートフル設定、または侵入防御ルールは含まれません。この設定情報をエクスポートするには、[ポリシー] 画面にあるポリシーのエクスポートオプションを使用します。

コンピュータを削除する

コンピュータを削除すると (コンピュータを選択して [削除] をクリック)、そのコンピュータに関連するすべての情報も削除されます。コンピュータを再度検出する場合は、ポリシーおよび以前に割り当てられていたルールを割り当て直す必要があります。