Deep Security Agentソフトウェアの入手

使用可能なエージェントソフトウェアのリストを表示する

使用可能なすべてのソフトウェアのリストを表示するには

  1. Workload Security コンソールで、[管理]→[アップデート]→[ソフトウェア]→[ローカル]にアクセスします。使用可能なすべてのソフトウェアが表示されます。
  2. (オプション)ドロップダウンリストからバージョンまたはプラットフォームを選択して、バージョンまたはプラットフォーム(OS)ごとにソフトウェアのリストを整理します。上部にあります。

Agentのインストーラをエクスポートする

エージェントインストーラは、 Workload Security コンソールからダウンロードできます。

  1. Workload Security コンソールで、[管理]→[アップデート]→[ソフトウェア]→[ローカル]にアクセスします。
  2. リストからAgentを選択します。

    Solarisエージェントを検索する場合は、どのエージェントを選択するかについては、Solaris版とエージェントとパッケージの対応表の対応付けを参照してください。

  3. [エクスポート]→[インストーラのエクスポート] をクリックします。 Workload Security は、ソフトウェアパッケージのデジタル署名を確認します。署名が正常な場合は、エクスポートが実行されます。

  4. Agentのインストーラを保存します。Agentを手動でインストールする場合は、Deep Security Agentをインストールするコンピュータにインストーラを保存します。

Deep Security Agentをインストールするには、エクスポートされたエージェントインストーラ(.msi, .rpm, .pkg, .p5p、またはプラットフォームに応じた.bffファイル)のみを使用してください。完全なエージェントZIPパッケージは__ではありません。Agentの他のコンポーネントのzipファイルも格納されているフォルダからAgentのインストーラを実行すると、コンピュータで有効になっていない保護モジュールも含めて、すべての保護モジュールがインストールされます。その結果、ディスク容量が追加で消費されます(比較のため、.msi, .rpm, .pkg, .p5pまたは.bffファイルを使用する場合、クライアントは保護モジュール_をダウンロードしてインストールします(設定に必要な場合のみ)。_.)

Agentのインストール、有効化、セキュリティポリシーによる保護の適用は、コマンドラインスクリプトを使用して実行できます。詳細については、「インストールスクリプトの使用」を参照してください。

Workload Security APIを使用して、エージェントのインストールを自動化する配信スクリプトを生成できます。詳細については、「Generate an agent deployment script」を参照してください。

Solaris版とエージェントパッケージのマッピングテーブル

エージェントのエクスポート時に選択するエージェントパッケージが不明な場合は、次のマッピングテーブルを確認してください。

Solaris版とエージェントパッケージのマッピングテーブル

...にエージェントをインストールする場合 このエージェントパッケージ...を選択してください
Solaris 10 Updates 4-6 (64ビット、SPARCまたはx86)

エージェント - Solaris_5.10_U5-xx.x.x-xxx。<sparc|.x86_64>.zip

Solaris 10 Updates 7-11 (64ビット、SPARCまたはx86)

エージェント - Solaris_5.10_U7-xx.x.x-xxx。<sparc|.x86_64>.zip

Solaris 11.0(1111)-11.3(64ビット、SPARCまたはx86)

エージェント-solaris_5.11-xx.x.x-xxx。<sparc|.x86_64>.zip

Solaris 11.4 (64ビット、SPARCまたはx86) エージェント - Solaris_5.11_U4-xx.x.x-xxx。<sparc|.x86_64>.zip
  • xx.x.x.xxxはエージェントのビルド番号です。次に例を示します。12.0.0-682
  • <sparc|.x86_64> sparc または .x86_64のいずれかです。 Solarisプロセッサで実行します。

AIXエージェントパッケージの命名形式

命名形式は、エージェントのバージョンによって異なります。

  • Deep Security Agent for AIX 12: Agent-AIX-<agent_release>-<agent_build>.powerpc.zip。例:Agent-AIX-12.0.0-1234.powerpc.zip
  • Deep Security Agent 9.0 for AIX: Agent-AIX_<AIX_version>-<agent_release>-<build>.powerpc.bff.gz.zip. の例: Agent-AIX_5.3-9.0.0-5625.powerpc.bff.gz.zip

使用しているAIXバージョンに必要なエージェントの詳細については、「Deep Security Agentプラットフォーム」を参照してください。