イベントID 771「認識できないクライアントによる接続」のトラブルシューティング

イベントID 771 認識できないクライアントによる接続 が Workload Security に表示されるDeep Security Agentが Workload Securityに接続しようとしましたが、コンピュータ名が コンピュータ上の保護されたコンピュータのリストに存在しない場合。

よくある原因は次のとおりです。

  • クローン仮想マシンまたはクラウドインスタンス ([クローンAgentの再有効化] を有効にしていない)。
  • Deep Security Agentを無効にする前に [コンピュータ]画面から削除したコンピュータ ([不明なAgentの再有効化] を有効にしていない)。エージェントソフトウェアは引き続き定期的にWorkload Securityに接続しようとします。アンインストールされるか、コンピュータを再アクティベートするまで毎回イベントが発生します。
  • AWSやAzureなどのコネクタの同期が中断されました。

解決策は原因ごとに異なります。

Deep Security Agentをアンインストールする

認識できないコンピュータを保護しない場合は、Deep Security Agentソフトウェアを無効にするか、アンインストールすることでこのイベントを発生しないようにできます。 Deep Security Agentをアンインストールします。を参照してください。

コンピュータまたはクローンを再有効化する

コンピュータを保護するには、Workload Securityを使用してコンピュータを保護します。再起動時にエージェントの証明書が再設定され、Workload Securityがコンピュータのリストで認証され、コンピュータを認識できるようになります。「Agentからのリモート有効化」を参照してください。