このページのトピック

Azureサブスクリプション内のすべてのVMをWorkload Securityで表示できないのはなぜですか?

Azureサブスクリプション内のすべての仮想マシンリソースが、 Workload Security コンソールの[コンピュータ]ページに表示されていない場合、Azureの配信モデルResource Managerを使用して配信された可能性があります。 [配信モデルの選択] リストから[ クラシック ]を選択しないかぎり、このモデルを使用してすべてのリソースが配信されます。

以前のバージョンのDeep Security as a Serviceが従来のAzure配置モデル(Service Managementモデル)によって提供された Service Management API をAzure仮想マシンに接続するために使用したため、すべてのVMが表示されないため、Classicで配置されたVMのみを列挙できます。モデル。

クラシック仮想マシンとResource Manager仮想マシンの両方を表示するには、クラウドコネクタをアップグレードします。詳細については、「新しいAzure Resource Manager接続機能へのアップグレードについて」を参照してください。

上記のトピックのようにResource Managerサーバをアップグレードできない場合でも、仮想マシン上でインストールスクリプトを使用して、有効化によりコネクタ外に新しいコンピュータオブジェクトが作成されるようにすることで、保護できます。