目次

SDKのバージョンの互換性

常に Workload Securityと互換性のあるSDKを使用してください。

アップグレードシナリオ

Workload Security がアップグレードされたときにスクリプトを変更する必要があるかどうか、またはSDKをアップグレードして新しい機能や改善された機能を利用するかどうかを判断します。

  • Workload Security がアップグレードされました: Workload Security がアップグレードされたときにSDKをアップデートしたり、スクリプトを変更したりする必要はありません。SDKは、関連付けられている Workload Security のバージョンと互換性があります。また、それ以降のバージョンでも使用できます。たとえば、2021年3月21日に Workload Security とともにリリースされたSDKは、2021年8月1日にリリースされた Workload Security と互換性があります。
  • SDKをアップグレードしています: 使用しているSDKをアップグレードする際にスクリプトを少し変更する必要がある場合があります。スクリプトが作成されたバージョンより後のSDKのバージョンとの100%互換性を保証するものではありません。SDKの新しいバージョンでは、既存のスクリプトを変更する変更が導入される可能性があります。たとえば、SDKの新しいバージョンで新しい必須メソッドパラメータが導入された場合、新しいSDKを使用するには、そのメソッドを使用する既存のスクリプトに対応する引数を含める必要があります。

SDKのバージョンを確認する

SDKをダウンロードすると、SDKのバージョンを確認できます。 Workload Security のSDKのバージョン番号は50から始まります。

Python: 任意のPythonソースファイル (*.py)をSDKからテキストエディタで開きます。ファイルの先頭にある複数行ドキュメント文字列にバージョンが含まれています。たとえば、次のテキストは50.0.866のバージョンを示しています。

OpenAPI spec version: 50.0.866

Workload SecurityのSDKバージョンを確認する

SDKバージョンは、 APIレファレンス/参照情報のタイトルに表示されるバージョンに対応します。