Webレピュテーションイベント

イベントに関する一般的なベストプラクティスについては、を参照してください。のイベントWorkload Security

Workload Securityによって取得された Webレピュテーション イベントを表示するには、 イベント&レポート>イベント> Webレピュテーション Eventsを参照してください。

Webレピュテーション イベントにはどのような情報が表示されますか?

これらの列は、[ Webレピュテーション イベント]画面に表示できます。[列] をクリックして、表に表示する列を選択することができます。

  • 時刻: コンピュータ上でイベントが発生した時刻。
  • コンピュータ: このイベントのログが記録されたコンピュータ(コンピュータが削除されている場合、このエントリは「不明コンピュータ」と表示されます)。
  • URL: このイベントをトリガしたURL。
  • タグ: このイベントに関連付けられたイベントのタグ。
  • リスク: このイベントをトリガしたURLのリスクレベル。「不審」、「非常に不審」、「危険」、「未評価」、「管理者によるブロック」などがあります。
  • イベント送信元:イベントの起点となったのは、Workload Securityシステムのどの部分かを示します。

許可するURLのリストにURLを追加する

イベントをトリガしたURLを許可するURLのリストに追加するには、イベントを右クリックして [許可リストに追加] を選択します(許可およびブロックのリストを表示または編集するには、メインの [Webレピュテーション] 画面の [除外] タブに進みます)。