このページのトピック

新しいパターンファイルアップデートアラートのメールの無効化

Workload Security がダウンロードした後1時間が経過しても、エージェントにセキュリティアップデートが適用されていない場合、「新しいパターンファイルのアップデートはダウンロードされ、使用可能」と表示されます。1時間という期間は変更できません。アラートがデフォルトで発令される場合、このアラートはメールで送信されます。

アップデートの解決に1時間では足りないため、このようなメールアラートを数多く受信する場合は、このアラートのメール通知を無効にできます。その代わり、アラートが発令される時間を設定できるように、「コンピュータがアップデートを受信していない」アラートに関するメールメッセージを受信できます。

  1. エージェントが Workload Securityでセキュリティアップデートを自動的にダウンロードするように設定するには、[ の管理]→[予約タスク]の順にクリックします。
  2. [セキュリティ更新プログラムの確認]のタスクがない場合は、タスクを作成します( Schedule Workload Security のタスクを参照してください)。
  3. [管理]→[システム設定]→[アップデート] の順にクリックします。[セキュリティ更新]の[規則]セクションで、[ ルールの更新をポリシーに自動的に適用する]が選択されていることを確認します。[ ]が選択されている。
    Workload Securityの場合、ルールのアップデートは初期設定で自動的に適用されます。
  4. [アラート]→[アラートの設定] の順にクリックします。
  5. [アラートの設定] 画面で、[新しいパターンファイルアップデートがダウンロード済みで利用可能] アラートをクリックし、[プロパティ] をクリックします。
  6. [アラート情報] 画面で、[このアラートの発令時、通知のメールを送信する] を選択解除し、[OK] をクリックします。
  7. [コンピュータがアップデートを受信していない] アラートをクリックして、[プロパティ] をクリックします。
  8. このアラートが発生したときに通知するには、[ メールを送信する]をオンにしてください。[ ]が選択されている場合は、[ OK]をクリックします。
    アラートは、アップデートが7日間保留されている場合に発生します。
  9. アップデートを保留してから任意の時間の経過後にアラートを発令するには、[管理]→[システム設定]→[アラート] をクリックします。
  10. [アラート] エリアで、ドロップダウンを使用して時間を選択し、[保存] をクリックします。