ポリシーで使用するディレクトリリストの作成

ディレクトリパスのリストを作成して、複数のポリシーで使用できるようにします。異なるポリシーごとに作成された複数の同じリストよりも、単一のリストの方が容易に管理できます。これらのリストの最も一般的な使用例は、 不正プログラム対策 検索包含または除外の場合です。詳細については、 を検索するファイルを指定してください。

既存のリストに類似するディレクトリリストを作成するには、既存のリストを複製して編集します。

次の表に、ディレクトリリストのアイテムを定義するための構文を示します。スラッシュ (/) とバックスラッシュ () の使用は、WindowsとLinux両方の命名規則でサポートされています。

ディレクトリ 形式 説明
ディレクトリ DIRECTORY 指定したディレクトリとそのすべてのサブディレクトリにあるファイルをすべて含めます。 C:\プログラムFiles \
「Program Files」ディレクトリ内のすべてのファイルとすべてのサブディレクトリが含まれます。
ネットワークリソース \\NETWORK RESOURCE 対象コンピュータのネットワークリソースに含まれている、コンピュータ上のファイルを含めます。 \\12.34.56.78 \
\\some-comp-name \

IPアドレスまたはホスト名を使用して識別されたネットワークリソース(およびそのサブフォルダ)のすべてのファイルが含まれます。
\\12.34.56.78 \ somefolder \
\\some-comp-name \ somefolder \

フォルダ「somefolder」内のすべてのファイルとそのサブフォルダを、IPまたはホスト名を使用して識別されたネットワークリソースに含めます。
ワイルドカード (*) を使用したディレクトリ DIRECTORY\*\ 任意のサブディレクトリ名を持つすべてのサブディレクトリを含めます。ただし、指定したディレクトリにあるファイルは含めません。 C:\abc\*\
「abc」のすべてのサブディレクトリにあるすべてのファイルが含まれますが、「abc」ディレクトリ内のファイルは含まれません。

C:\abc \ wx * z \
一致:
C:\abc \ wxz \
C:\abc \ wx123z \
一致しない:
C:\abc \ wxz
C:\abc \ wx123z

C:\abc\*wx \
一致:
C:\abc \ wx \
C:\abc \ 123wx \
一致しない:
C:\abc \ wx
C:\abc \ 123wx
ワイルドカード (*) を使用したディレクトリ DIRECTORY\* 名前が一致する任意のサブディレクトリを含めます。ただし、そのディレクトリにあるファイルおよび任意のサブディレクトリは含めません。 C:\abc\*
一致:
C:\abc \
C:\abc \ 1
C:\abc \ 123
一致しない: C:\abc
C:\abc \ 123 \
C:\abc \ 123 \ 456
C:\abx \
C:\xyz \

C:\abc\*wx
一致:
C:\abc \ wx
C:\abc \ 123wx
一致しない:
C:\abc \ wx \
C:\abc \ 123wx \

C:\abc \ wx * z
一致:
C:\abc \ wxz
C:\abc \ wx123z
一致しない:
C:\abc \ wxz \
C:\abc \ wx123z \

C:\abc \ wx *
一致:
C:\abc \ wx
C:\abc \ wx \
C:\abc \ wx12
C:\abc \ wx12 \ 345 \
C:\abc \ wxz \
一致しない:
C:\abc \ wx123z \
環境変数 ${ENV VAR} ${ENV VAR} の形式を使用した環境変数で定義されるすべてのファイルおよびサブディレクトリを含めます。仮想アプライアンスの場合、環境変数の値ペアは、 ポリシーまたは コンピュータエディタ>で定義する必要があります。設定> 一般>環境変数 オーバーライドをオーバーライドします。 ${windir}
変数が「c:\windows」に解決される場合、「c:\windows」内のすべてのファイルとそのすべてのサブディレクトリが含まれます。< / td>
コメント DIRECTORY #コメント 対象の定義にコメントを追加できます。 c:\abc #abcディレクトリを含めます
  1. [ポリシー]→[共通オブジェクト]→[リスト]→[ディレクトリリスト] の順にクリックします。

  2. [新規]→[新しいディレクトリリスト] の順にクリックします。

  3. 名前を入力し、必要に応じて説明を入力します。

  4. [ディレクトリ] リストで、ディレクトリパスを1行に1つずつ追加します。

  5. [OK] をクリックします。

ディレクトリリストをインポート/エクスポートする

1つ以上のディレクトリリストをXMLファイルまたはCSVファイルにエクスポートできます。また、XMLファイルからディレクトリリストをインポートできます。

  1. [ポリシー]→[共通オブジェクト]→[リスト]→[ディレクトリリスト] の順にクリックします。

  2. 1つ以上のリストをエクスポートするには、リストを選択し、[エクスポート]→[選択したアイテムをCSV形式でエクスポート]、または [エクスポート]→[選択したアイテムをXML形式でエクスポート] をクリックします。

  3. すべてのリストをエクスポートするには、[エクスポート]→[CSV形式でエクスポート]、または [エクスポート]→[XML形式でエクスポート] をクリックします。

  4. リストをインポートするには、[新規]→[ファイルからインポート] をクリックし、ウィザードの指示に従います。

ディレクトリリストを使用するポリシーを確認する

ディレクトリリストを使用するポリシーを確認すると、変更によって影響を受けるポリシーを把握できるので便利です。たとえば、ポリシーによって使用されていないことを確認してから、ディレクトリリストを削除できます。

  1. [ポリシー]→[共通オブジェクト]→[リスト]→[ディレクトリリスト] の順にクリックします。

  2. ディレクトリリストを選択し、[プロパティ] をクリックします。

  3. [割り当て対象] タブをクリックします。