信頼された証明書の管理

信頼された証明書は、コード署名およびMicrosoft Active Directoryなどの外部サービスへのSSL接続に使用されます。

信頼された証明書をインポートする

  1. Workload Security コンソールで、[ 管理 ]→[ システム設定]→[ セキュリティ]の順に選択します。
  2. [ 信頼された証明書]で、[ 証明書リストの を表示]をクリックして、 Workload Securityで使用可能なすべてのセキュリティ証明書のリストを表示します。
  3. [ファイルからインポート] をクリックして証明書のインポートウィザードを起動します。

信頼された証明書を表示する

  1. Workload Security コンソールで、[ 管理 ]→[ システム設定 ]→[ セキュリテ]の順に選択します。
  2. [信頼された証明書][証明書リストの表示] をクリックします。

信頼された証明書を削除する

  1. Workload Security コンソールで、[ 管理 ]→[ システム設定 ]→[ セキュリテ]の順に選択します。
  2. [信頼された証明書][証明書リストの表示] をクリックします。
  3. 削除する証明書を選択し、[削除] をクリックします。