このページのトピック

Deep Security Notifier

Deep Security Notifierは、Deep Security AgentおよびDeep Security Relayのステータスを通知する、Windowsのシステムトレイアプリケーションです。Notifierを実行すると、Deep Security Agentが検索を開始したとき、不正プログラムをブロックしたとき、または不正なWebページにアクセスしたときに、ユーザにポップアップ通知が表示されます。

Notifierがクライアントマシン上で占有するスペースは小さく、必要なディスク容量は約1MB、メモリの使用容量は約3MBとなります。通知が実行されると、システムトレイに通知アイコン 通知アイコンが表示されます。初期設定では、NotifierはDeep Security Agentと一緒にWindowsコンピュータに自動的にインストールされます。 の[管理]→[アップデート]→[ソフトウェア]→[ローカル ]画面を使用して、配信およびアップグレード用の最新バージョンをインポートします。

Relay有効化済みAgentを実行しているコンピュータでは、ローカルコンピュータで有効なコンポーネントではなく、AgentまたはApplianceに配布されているコンポーネントがNotifierに表示されます。

Notifierの仕組み

不正プログラムが検出されるか、不正サイトがブロックされると、Deep Security AgentはNotifierにメッセージを送信し、システムトレイにポップアップメッセージが表示されます。

不正プログラムを検出した場合、Notifierは次のようなポップアップメッセージをシステムトレイに表示します。

ユーザがメッセージをクリックすると、不正プログラム対策イベントの詳細を示す画面が表示されます。

不正Webページをブロックした場合、Notifierは次のようなポップアップメッセージをシステムトレイに表示します。

ユーザがメッセージをクリックすると、Webレピュテーションイベントの詳細を示す画面が表示されます。

Notifierには、パターンのバージョンなど、現在の保護ステータスやコンポーネント情報を表示するためのコンソールユーティリティもあります。このコンソールユーティリティを使用して、ポップアップ通知のオンとオフを切り替えたり、詳細なイベント情報にアクセスしたりできます。

Workload Securityコンピュータ/ポリシーエディタ> [設定]> [一般] に移動して、 設定のホスト 上のすべてのポップアップ通知を非表示にすることで、特定のコンピュータまたは特定のポリシーに割り当てられたコンピュータのポップアップ通知をオフにすることもできます。 はいに。メッセージは引き続き Workload Security コンソールにアラートまたはイベントとして表示されます。

NotifierがRelay有効化済みAgentをホストするコンピュータで実行されている場合、Notifierには、コンピュータ上で有効になっているコンポーネントではなく、Relayによって配布されているコンポーネントが表示されます。

Scanner 機能が有効になっているコンピュータでNotifierが実行されている場合、 Scanner が実行中であることが表示されます。 Scanner を実行しているコンピュータをRelayにすることはできません。