目次

Notifierアプリケーション

Notifierアプリケーションは、WindowsとmacOSの両方で使用でき、Windowsの通知領域またはmacOS通知センターを使用して、エージェントとRelayの状態をクライアントコンピュータに通知します。エージェントが検索を開始したり、不正プログラムや不正なWebページへのアクセスをブロックしたりすると、通知機能によってポップアップのユーザ通知が表示されます。

Notifierはクライアントコンピュータのリソースを消費します(つまり、「占有領域」があります)。Windowsの場合は1MB未満のディスク容量と1MBのメモリ、macOSの場合は10MB未満のディスク容量と50MBのメモリしか必要としません。Notifierが実行されているときは、Windows画面の右下のタスクバーまたはmacOS画面の上部のメニューバーにある macOSのNotifierアイコンにNotifierアイコン WindowsのNotifierアイコンが表示されます。Notifierは、WindowsおよびmacOSコンピュータ用のエージェントとともに初期設定で自動的にインストールされます。[管理]→[アップデート]→[ソフトウェア]→[ローカル] ]画面を使用して、配信およびアップグレード用の最新バージョンをインポートします。

リレー対応エージェント(Windows でサポート) を実行しているコンピューターでは、ノーティファイアーは、エージェントまたはアプライアンスに配布されているコンポーネントを表示します。_いいえ_ローカル コンピュータで有効なコンポーネント。

Notifierの仕組み

不正プログラムが検出されるか、不正なサイトがブロックされると、 エージェントからNotifierにメッセージが送信され、通知領域または通知センターにポップアップメッセージが表示されます。

不正プログラムが検出されると、次のようなポップアップメッセージが表示されます。

Windowsで検出された不正プログラムの通知機能ポップアップ macOSで検出された不正プログラムの通知機能ポップアップ

不正なWebページがブロックされると、次のようなポップアップメッセージが通知機能に表示されます。

WindowsでブロックされたWebページのNotifierポップアップ macOSでブロックされたWebページのNotifierポップアップ

Notifierには、パターンファイルのバージョンなど、現在の保護ステータスとコンポーネント情報(Windowsのみ)を表示するためのコンソールユーティリティも用意されています。コンソールユーティリティを使用すると、ポップアップ通知のオン/オフを切り替えたり、詳細なイベント情報にアクセスしたりできます。

WindowsのNotifierコンソール:

WindowsのNotifierコンソール

macOSのNotifierコンソール:

macOSのNotifierコンソール

Workload Securityコンピュータ/ポリシーエディタ> [設定]> [一般] に移動して、 設定のホスト 上のすべてのポップアップ通知を非表示にすることで、特定のコンピュータまたは特定のポリシーに割り当てられたコンピュータのポップアップ通知をオフにすることもできます。 はいに。メッセージは引き続き Workload Security コンソールにアラートまたはイベントとして表示されます。

NotifierがRelayをサポートするコンピュータでサポートされている場合、Notifierの画面には、コンピュータで有効なコンポーネントではなく、Relayによって配信されるコンポーネントが表示されます。

Relay コンピュータのNotifier

Scanner 機能が有効になっているコンピュータでNotifierが実行されている場合、 Scanner が実行中であることが表示されます。 Scanner を実行しているコンピュータをRelayにすることはできません。

手動検索を実行する

Notifierアプリケーションでエージェントが手動検索を実行できるようにするチェックボックスをオンにすると、Notifierコンソールに[検索]というタイトルのパネルが表示されます。Notifierは、エディタの[ 不正プログラム対策 ]タブの[ 一般 ]水平タブの[ 手動検索 ]セクションで、コンピュータエディタまたはポリシーエディタから割り当てられた検索設定を使用します。詳細については、「不正プログラム検索設定の作成または編集」を参照してください。

検索を開始できません:

  • エージェントのアップグレード中
  • 実行中のサーバ側検索がすでに実行されている場合
  • 検索設定が空の場合

Windows

WindowsのNotifierコンソール

エージェントによる手動検索を開始するには、[検索]パネルで[ 検索 ]ボタンをクリックします。

検索が完了すると、検出された不正プログラムの項目数が[検索結果]に表示されます。これらの項目の詳細を表示するには、通知機能の[詳細]パネルのイベントの表示ボタンをクリックします。

WindowsのNotifierコンソール

検索が開始された後にユーザがコンピュータからログアウトした場合など、利用できないコンピュータで検索が実行された場合、実行中の検索は停止します。

macOS

Notifierコンソールで、 検索 メニュー項目を選択し、サブメニューから次のいずれかの 実行します。

  • [ フル検索 ]をクリックして、すべてのファイルの検索を開始します。
  • [ カスタム検索 ]をクリックして検索するファイルまたはフォルダを1つ以上選択し、検索を開始します。

macOSのNotifierコンソール

手動検索をキャンセルするには、[ 検索 ]メニュー項目を選択し、サブメニューから[ 検索のキャンセル ]をクリックします。

実行中の手動検索をキャンセルすることもできます。

Notifierコンソールから実行中の検索がトリガされた場合:

  • ユーザがログアウトしても検索は続行されます。
  • コンピュータが再起動された場合、検索は中止されます。

検索が完了すると、Notifierコンソールの[検索]パネルに検出された不正プログラム項目の数が表示されます。各不正プログラム項目の詳細を表示するには、[ イベント ]メニュー項目を選択します。この詳細情報は、コンピュータのエディタまたはポリシーエディタの不正プログラム対策タブの不正プログラム対策イベント水平タブでも確認できます。

macOSのNotifierコンソール