目次

エラー: 不正プログラム対策 エンジンオフライン

このエラーはさまざまな理由で発生します。問題を解決するには、次の手順に従ってください。

Linuxエージェントの一部のケースでは、不正プログラム対策エンジンが部分的に機能したままで、エラーではなく警告が表示されることがあります。このシナリオについては、警告:不正プログラム対策エンジンが提供する基本機能を参照してください。

不正プログラム対策 モジュールの概要については、 不正プログラムからの保護を参照してください。

  1. Workload Security コンソールで、同じマシンの他のエラーを確認します。エラーが存在する場合は、通信やエージェントのインストールの失敗など、 不正プログラム対策 エンジンがオフラインになる他の問題が発生している可能性があります。
  2. エージェントから Workload SecurityRelay および Workload Securityへの通信を確認します。
  3. Workload Security コンソールで、問題のあるエージェントの詳細を表示します。不正プログラム対策のポリシーまたは設定が有効になっていること、および各検索の設定(リアルタイム検索、手動検索、予約検索)が有効でアクティブであることを確認します。( 不正プログラム対策を有効にして設定するを参照してください。)
  4. Agentを再インストールして再有効化する前に、無効化してアンインストールします。詳細については、アンインストール Workload Security エージェントおよびエージェントの有効化を参照してください。
  5. Workload Security コンソールで、そのコンピュータの[アップデート]セクションに移動します。セキュリティアップデートが存在しており、最新であることを確認します。アップデートされていない場合は、[Download Security Updates]をクリックしてアップデートを開始します。
  6. 他のウイルス対策製品との競合があるかどうかを確認します。競合が発生した場合は、他の製品および Workload Security エージェントをアンインストールし、再起動して、 Workload Security エージェントを再インストールします。

エージェントがWindowsの場合

  1. 次のサービスが実行されていることを確認します。
    • Trend Micro Workload Security エージェント
    • Trend Micro Solution Platform
  2. 次のコマンドを実行して、すべての 不正プログラム対策 関連ドライバが適切に実行されていることを確認してください。

    Workload Security エージェントのすべてのバージョン:

    • # sc query AMSP

    Workload Security エージェント12.5以前の場合は、次の項目も確認してください。

    • # sc query tmcomm
    • # sc query tmactmon
    • # sc query tmevtmgr

    ドライバが実行されていない場合は、トレンドマイクロのサービスを再起動します。再起動してもサービスが実行されない場合は、さらに次の手順を実行します。

  3. インストール方法を確認します。zipファイルではなく、MSIのみをインストールします。

  4. Agentの手動での削除と再インストールが必要になる場合があります。詳細については、Windowsからの Workload Security エージェント、 Relay、およびNotifierの手動アンインストールを参照してください。
  5. インストールされたComodo証明書が問題の原因になる場合があります。この問題を解決するには、「証明書の問題により、不正プログラム対策機能がオフラインになる」を参照してください。

エージェントがLinuxにインストールされている場合

  1. Agentが実行されていることを確認するには、コマンドラインで次のコマンドを入力します。
    • service ds_agent status
  2. Linuxサーバを使用している場合、カーネルがサポートされていない場合があります。詳細については、「Trend Micro Deep Security の手動アンインストール手順」を参照してください。

注意:Linuxエージェントで不正プログラム対策エンジンがエラーではなく警告を表示している場合は、警告:不正プログラム対策エンジンが提供する基本機能を参照してください。