エラー: セキュリティログ監視ルールで必要なログファイル

ログ検査ルールで監視対象のファイルの場所を追加する必要がある場合は、不要なログ検査ルールを追加した場合、そのコンピュータ上にファイルが存在しない場合、コンピュータまたはポリシーエディタで次のエラーが発生します。

このエラーを解決するには、次の操作を実行します。

  1. [セキュリティログ監視ルールで必要なログファイル] エラーをクリックします。エラーの詳細が含まれるウィンドウが表示されます。[説明] の下に、エラーの原因となったルールの名前が一覧表示されます。
  2. Workload Security コンソールで、[ Policies]→[Common Objects]→[Rules]→[ セキュリティログ監視 Rules ]の順に選択して、エラーの原因となっているルールを探します。
  3. ルールをダブルクリックします。ルールのプロパティウィンドウが表示されます。
  4. [ Configuration ]タブに移動します。

ファイルの場所が必要な場合:

  1. [監視するログファイル] の下に場所を入力し、[追加] をクリックします。
  2. [OK] をクリックします。Agentがポリシーを受け取ると、エラーがクリアされます。

リストされたファイルが保護対象マシンに存在しない場合:

  1. [ コンピュータ]または[ポリシーエディタ]→[ セキュリティログ監視]に移動します。
  2. [割り当て/割り当て解除] をクリックします。
  3. 不要なルールを見つけて、チェックボックスをオフにします。
  4. [OK] をクリックします。Agentがポリシーを受け取ると、エラーがクリアされます。

このエラーを回避するために、推奨ルールの推奨設定の検索を実行するには:

  1. Workload Security コンソールで、[ Computers]に移動します。
  2. 検索するコンピュータを右クリックし、[処理]→[推奨設定の検索] の順にクリックします。
  3. コンピュータまたはポリシーエディタの保護モジュールの[ 一般 ]タブで結果を表示します。