AWSアカウントの管理

トピック:

AWSアカウントの編集

Workload SecurityでAWSアカウントの設定を編集できます。たとえば、AWSアカウントをAmazon WorkSpacesを含むように設定する必要がある場合などに、この処理を実行する必要があります。AWSアカウントを編集するには

  1. Workload Security コンソールにログインします。
  2. 上部の [コンピュータ] をクリックします。
  3. 左側で、AWSアカウント名を右クリックし、[ プロパティ] []を選択します。
  4. 設定を編集して、[OK] をクリックします。

AWSアカウントを削除する

Workload Security からAWSアカウントを削除すると、 Workload Security データベースおよびその基礎となるコンピュータからアカウントが永久に削除されます。AWSを使用しているアカウントは影響を受けず、インスタンスにインストールされたDeep Security Agentはインストールされ、実行され、保護を提供します(ただし、セキュリティアップデートは受信されません)。AWSアカウントからコンピュータを再インポートする場合、Trend Micro Deep Security Agentは次の予約期間に最新のセキュリティアップデートをダウンロードします。

  1. Workload Security コンソールで、上部にある[ Computers ]をクリックします。
  2. ナビゲーションパネルで、AWSアカウントを右クリックして、[ AWSアカウントの削除] []の順に選択します。
  3. アカウントを削除することを確認します。
    アカウントは Workload Securityから削除されます。

AWSアカウントを同期する

AWSアカウントを同期(同期)すると、 Workload Security はAWS APIに接続して、最新のAWS EC2インスタンスとWorkSpaceインスタンスを取得して表示します。

強制的に同期を強制するには

  1. Workload Security コンソールで、[ Computers]をクリックします。
  2. 左側で、AWSアカウントを右クリックし、[ 同期する]を選択します。[]をクリックします。

10分ごとに発生するバックグラウンド同期もあり、この間隔は設定できません。同期を強制すると、バックグラウンドの同期は影響を受けず、元のスケジュールに従って引き続き実行されます。