このページのトピック

Azure VMにエージェントをインストールする

Microsoft Azureクラウドで実行されているVMインスタンスにエージェントをインストールするには、 Deep Security Agentをインストールする必要があります。これには複数の方法があります。

  • RightScale、Chef、Puppet、SSHなどの配置ツールを使用して、クライアントを自動的に配置するための配置スクリプトを生成できます。詳しい手順については、「インストールスクリプトを使用したコンピュータの追加と保護」を参照してください。
  • 既存の仮想マシンにカスタムスクリプト拡張を追加して、 Deep Security Agentを配信および有効化できます。そのためには、Azure管理ポータルで既存の仮想マシンに移動し、次の手順に従ってインストールスクリプトをAzure仮想マシンにアップロードして実行します。

既存の仮想マシンにカスタムスクリプト拡張を追加するには

  1. Azureポータルにログインします。
  2. プレビューポータルに切り替えて、カスタムスクリプトを追加する仮想マシンをクリックします。
  3. 設定ブレードで、をクリックします。拡張子、で拡張子ブレード、クリック拡張子を追加、で新しいリソースブレード、選択カスタムスクリプト、[OK]をクリックします。作成する
  4. [Script File (required)][Add Extension] ブレードで、[upload] をクリックし、保存した.ps1インストールスクリプトを選択して、[OK] をクリックします。

Azureにカスタムスクリプトをアップロードする