目次

ルール Suppress チェックの抑制

Trend Micro Cloud One™–Conformityは失敗したChecksを抑制する機能を提供します。これは、関連性がない、または別の方法で管理されている特定のルールに役立つ場合があります。Checks はダッシュボードにグレー表示され、 All Checks reportに「suppressed」の数が表示されます。現在、バッチ抑制はサポートされていません。

Checks は、次の2つの方法で抑制できます。

Checkが抑制された場合、実行されるAPI呼び出しの数は減少しますか?

Checkを抑制しても、API呼び出しの数は減りません。リソースに対するAPI呼び出しは、Checkが 抑制されたCheckのルールよりも多くのルールによってチェックされる可能性があるためです。

特定のルールを抑制する方法はありますか?

いいえ、 抑制はCheckレベルです。ルールを無効にするオプションがあります。

UIを使用したチェックの抑制

場所

Main Dashboard > Browse all checks > Expand Rule or Resource > Suppress

ユーザアクセス

ユーザの役割 アクセス可能
Administrator
Power User
Custom - Full Access
Read Only
Custom - Read Only

チェックの抑制

  1. 失敗したチェックに対して、 [Suppress ]をクリックします。
  2. Checks は、次の2つの方法で抑制することができます。

    • 永続的な抑制

      • チェックボックス [Suppress the check until further notice]がオンになっていることを確認します。

    • 一時的な抑制

      • チェックボックス [Suppress the check until further notice]がオフになっていることを確認します。
      • 抑制期間を入力してください

  3. NoteSuppress Checkを入力します。

  4. 抑制に成功した場合
    • Checks はグレー表示されます
    • 抑制された件数が表示されます

チェック抑制の解除

場所

Main Dashboard > Browse all checks > Expand Rule or Resource > Unsuppress

  1. 抑制されたCheckのUnsuppressをクリックします
  2. NoteUnsuppress Checkを入力します。
    注: View allをクリックすると、以前のすべてのメモ(たとえば、 Checkを抑制した理由)を表示できます。