目次
このページのトピック

Jiraの統合

場所

Main Dashboard > Select {Account} > Settings > Communication settings > Update communication settings > Configure 'Jira'

Trend Micro Cloud One™– Conformity は、 Jiraと統合されています。これには、インターネット経由でアクセスできる限り、オンプレミスの Jira も含まれます。 Jira をビジネスワークフローで使用する場合は、手動でチケットを作成するか、アカウント内の関連するイベントの自動チケット作成のトリガを設定できます。 Jira チケットは、脆弱性の解決時に自動的に閉じられます。

ConformityでJiraの課題を作成できます 。 Jira で作成された課題の通知設定は、 Jira内で設定できます。 Notification schemes を開き、新しく作成した課題に対して必要な数のユーザとグループを設定します。リンクについては、以下を参照してください。

Jira チャネルを設定する

  1. Create an Jira channelをクリックします。



  2. 自動通知を設定します
  3. 手動通知を設定します
  4. Channel Name を入力して、同じ種類の他のチャネルと区別します。

    フィールドは20文字に制限されています

  5. トリガを設定します

  6. Configure board nowをクリックしてJira通知を設定します。
  7. Jira には、推奨される OAuth Settings Setup または Username and API Token Setupを使用して接続できます。

    1. 推奨のOAuth Settings Setupを使用して接続する場合は、次のように入力します。

      1. Jira URL を入力し、[ Connect]をクリックします。

        OAuthを使用するように Jira クライアントを設定していることを確認してください。

    2. Username and API Token Setupを使用してJiraに接続するには、次の情報を入力します。

      1. Jira URL
      2. Jira ユーザ名
      3. APIトークン

    3. 統合に成功すると、 Conformity ダッシュボードは、ユーザの Jira アカウントからメタデータを自動的にロードします。次に、次の Extra settings を入力して、通信チャネルをカスタマイズできます。
      1. Project
      2. Assignee
      3. Issue Type
      4. Priority
      5. Custom Fields: サポートされているカスタムフィールドを表示するには、 Issue Type を選択してから、 Reload Custom Fields ボタンをクリックします。

        Conformity は現在、次のカスタムフィールドをサポートしています。

        • ラジオボタン
        • エピック
        • 1行テキスト
        • Number


  8. 通信設定をコピーします


Conformity を統合するために必要な Jira 権限は何ですか?
統合には次の権限が必要です。

  1. プロジェクト権限 プロジェクトを参照するため
  2. 課題の権限 課題を作成/終了/解決/削除するため
  3. コメント権限 コメントを追加するため

Jiraにカスタムプロジェクトフィールドがあります。 Jira 統合が機能しないのはなぜですか?
統合が Jira に接続しているがプロジェクトには接続していない場合は、カスタムの Jira プロジェクトフィールドがまだサポートされていない可能性があります。このような場合は、カスタムフィールドなしで新しいプロジェクトを作成することをお勧めします。