目次

AWS Marketplace

次の2つの方法のいずれかを使用して、 Conformity のAWS Marketplace サブスクリプション を購入できます。

  1. セルフサービス サブスクリプション (SaaS契約)
  2. プライベートオファー

  3. Conformityサブスクリプションをアクティベートする

  4. 更新
  5. トラブルシューティング

セルフサービス サブスクリプション (SaaS契約)

ソフトウェア契約を設定し、Conformityにサインインまたはサインアップします。

AWSセルフサービス サブスクリプションを購入するには:

  1. AWS MarketplaceのCloud Conformity リストに移動し、[ Continue to Subscribe]をクリックします。
  2. AWS Marketplaceにまだサインインしていない場合はサインインします。
  3. [ Configure your Software Contract ]をクリックし、次の契約を設定します。
    1. Contract Duration: 契約期間の月数を選択します。
    2. Renewal Setting:サブスクリプション契約終了日後に自動更新する場合に選択します。
    3. Contract Options: 組織に追加するユニット(アカウント)の数を選択します。
  4. [ Create Contract]をクリックします**。契約が作成されて製品に添付されると、 Conformity Webサイトにリダイレクトされ、AWS サブスクリプションを確定します。
  5. AWS Marketplace サブスクリプションを確認します

重要:プライベートオファーのソフトウェア契約を確認すると、2つのオプションでConformityアカウントにアクセスできます:Sign-inまたはSign up

重要

以下の注意事項に従って、AWS サブスクリプションの Conformity プラットフォームにアカウントを追加してください。これらのいずれかに従わないと、アカウントの追加に失敗します。

  1. サブスクリプションを確認してから1時間以内に直接ログインを使用して Conformity にサインアップまたはサインインする必要があります。それ以外の場合は無効になります
  2. プライベートブラウザまたはシークレットブラウザを介したMarketplaceの提供は、システムによる資格の同期が制限されるため、許可しないでください

このガイドを注意深く読み、問題のトラブルシューティング手順を確認してください。

サインイン

Conformity アカウントを既にお持ちで、引き続き使用したい場合は、 Signing in linkをクリックしてください。

Admin ユーザは、既存の組織のメールアドレスを使用して Conformity にログインできます。このアカウントには、体験版中に作成された Organization と、クラウドアカウントを含むすべてのデータが保持されます。



サインアップ

新しい Conformity アカウントを作成して新しい Organizationで開始する場合は、登録フォームに入力して[ Sign up] をクリックします。

新しいメールを使用して、新しい Conformity アカウントを設定できます。 Conformity アカウント(体験版アカウントなど)があり、新しいアカウント(体験版アカウントなど)にサインアップした場合、体験期間のデータは保持されず、 Organization が新しくセットアップされます。 。

クラウドアカウントやユーザを含む古い組織のデータを新しい組織に自動的に移行することはできません。

  • クラウドアカウントの場合は、新しい組織に手動で追加する必要があります。
  • ユーザは1つの組織にしか所属できないため、ユーザは古い組織から削除して再度新しい組織に招待する必要があります。
  • Conformity の体験版を更新しない場合、体験期間の終了時にアカウントが無効になります。



プライベートオファー

これにより、営業担当者が作成したプライベートオファーの事前設定されたソフトウェア契約を介して Conformity にサインインまたはサインアップできます。

  1. Conformity Marketplace サブスクリプションのプライベートオファーの作成については、販売代理店にお問い合わせください。プライベートオファーの準備が完了すると、営業担当者が次の手順を確認し、Marketplaceアカウントからそのオファーにアクセスできるようになります。
  2. Offer nameのドロップダウンリストからCloud Conformity - Private Offerを選択します。
  3. 契約の設定を確認します(期間、 Renewal Setting、ユニット数(アカウント))。
  4. [ Create Contract]をクリックします。
  5. 前述のConformityアカウントにサインインまたはサインアップして、AWS Marketplaceサブスクリプションを確認します。

Conformityサブスクリプションをアクティベートする

確認後、アカウントにログインして Conformityで サブスクリプション をアクティベートする必要があります。

重要

以下の注意事項に従って、AWS サブスクリプションの Conformity プラットフォームにアカウントを追加してください。これらのいずれかに従わないと、アカウントの追加に失敗します。

  1. サブスクリプションを確認してから1時間以内に直接ログインを使用して Conformity にサインアップまたはサインインする必要があります。それ以外の場合は無効になります
  2. プライベートブラウザまたはシークレットブラウザを介したMarketplaceの提供は、システムによる資格の同期が制限されるため、許可しないでください

このガイドを注意深く読み、問題のトラブルシューティング手順を確認してください。

AWSマーケットプレイスソフトウェア契約で指定されたユニット(アカウント)の数のみConformityに追加できます。アカウントをさらに追加する場合は、AWS Marketplaceカスタムトランザクションフォームを送信して、アカウント数の上限の引き上げをリクエストする必要があります。

トラブルシューティング

サインアップの問題

問題:Conformityの1時間の登録期間を逃しました。サインアップを再度更新するにはどうすればよいですか?

解決策:1時間のログイン時間枠を逃して Conformityサブスクリプションをアクティベートしなかった場合は、次の手順を実行する必要があります。

  1. オファーを受け入れたAWSアカウントにログインします。


  2. AWS Marketplace Subscriptions を検索し、サービスに移動します。


  3. Manage Subscriptionsに移動したら、 Conformity 製品 サブスクリプションの[ Manage ]ボタンをクリックします。


  4. Conformity 製品の サブスクリプション 管理ページで、 Actions ボタンをクリックします。
  5. Actionメニューから、SubscriptionView Termsを選択します。
  6. 製品の サブスクリプション ページで、「Click here to set up your account」というリンクをクリックすると、 Conformity Webサイトにリダイレクトされ、そこからサインインして組織をマーケットプレイス サブスクリプションにリンクできます。


  7. Customer Success チーム に連絡して、アカウントの設定を完了してください。

ソフトウェア契約の設定に関する問題

問題:[configuring the software contract]画面で何を選択すればよいかわかりません。契約がすでに実施されている場合、これらの選択によって現在の契約がアップデート/変更されますか?

Answer :既存のプライベートオファーがある場合、契約は同じままで、この画面で入力した内容に関係なく変更されません。

更新

SasS契約

ソフトウェア契約の設定時に自動更新期間を選択するか、AWS Marketplaceアカウントにサインインしているときに[ Your Marketplace Software ]で契約を手動で更新できます。

プライベートオファー

プライベートオファーを自動的に更新するように設定することはできません。SaaS製品のプライベートオファーの場合、 Renewal Setting は、このオファーの更新がないことを示します。更新設定をアップデートする場合は、販売代理店にお問い合わせください。

詳細については、「AWS Marketplaceサブスクライバガイド」を参照してください。