目次

Amazon SNS通信

場所

Main Dashboard > Select {Account} > Settings > Communication settings > Update communication settings > Configure 'Amazon SNS'

Trend Micro Cloud One™– Conformity は、Amazon SNS経由で送信される通知をサポートします。

Amazon SNSチャネルを設定する

  1. [ Create an Amazon SNS channel]をクリックします。




  2. 自動通知を設定します。
  3. 手動通知を設定します。
  4. Channel Name を入力して、同じ種類の他のチャネルと区別します。

    フィールドは20文字に制限されています

  5. トリガを設定します。

  6. Configure now には2段階のプロセスが必要です

    1. SNS Topic ARNを入力します。
    2. Setup accessの指示に従います。

  7. 通信設定をコピーします。


SNS通知属性

  • failureDiscoveryDate : Failure検出の日付。Failureは、チェックが最初に作成されたとき、またはチェックステータスが SUCCESS から FAILUREに更新されたときに検出できます。例:チェックが今日作成された場合、「Failure discovery date」は今日に設定されます。チェックが存在し、成功したものの、今日Failureに変更された場合、「Failure discovery date」は今日に設定されます。
  • lastUpdatedDate : Conformity Bot またはRTMがチェックの属性を最後に更新したときのタイムスタンプ。
  • lastStatusUpdateDate : Conformity Bot またはRTMがチェックのステータス属性を最後に更新したときのタイムスタンプ。新しいチェックの場合、このフィールドには作成日が設定されます。
  • lastModifiedBy : RTMが取得したイベントの原因となったユーザのAWS Identityで、ステータスがFAILUREの新しいチェックを作成するか、既存のチェックをSUCCESSでFAILUREに更新しました。
  • lastModifiedDate : lastModifiedBy が設定されているときのタイムスタンプ。

よくある質問

現在、各ユーザに直接アラートを送信できるPython Slackbotがあります。Cloud Conformity には、Slackbotで受信できるようにアラートをSQSメッセージとして送信する方法がありますか?

はい、次の手順に従います。

  1. Amazon SNSチャネルを設定する
  2. SNSに登録してSQSエンドポイントを追加する


統合をAtlassian OpsGenieに組み込むことはできますか?

OpsGenieは、 ネイティブSNS統合を備えています。そのため、SNSで作成された通知は、統合によりOpsGenieで自動的に作成されます。