目次
このページのトピック

通信トリガ

場所

Main Dashboard > Select {Account} > Settings > Communication settings > Update communication settings > Configure {Channel} > Configure triggers

通信トリガを使用すると、設定済みの 通信チャネル を介して送信される Checks トリガの自動通知に基づいて条件を選択できます。通知をトリガする Checks は、チェック/ルール属性とコンプライアンス標準を使用してフィルタできます。初期設定では、フィルタは「All checks」に設定されています。つまり、すべての Categories および Risk Levelのすべての失敗した Checks が通知されます。**

アラートは、アカウント名、リスクレベル、地域、リソース、説明、および紹介者「ユーザ名」などのルールの詳細で構成されます(RTMルールの場合のみ)。アラートには、メールおよびSMSの通信チャネルを除くARNも含まれます。

SNSおよびPagerDutyのチャネルの場合、ARNはproviderResourceIdとして表示されます。

たとえば、「Rule S3設定の変更」について、以下で生成されたアラートがユーザの Jira に送信されました。



ExtremeVery High、および Highリスクレベルの通知を設定して、チャネルがすべてのチェックや優先リスクについてはチームに通知されます。