目次

CloudFormationスタック作成のサポート

CloudFormationスタックの作成中に展開エラーが発生した場合は、トレンドマイクロにCloudFormationスタックのイベントログを送信して、さらに分析やトラブルシューティングを依頼できます。


注意:CloudFormationテンプレートを使用して インバウンド および アウトバウンド トラフィックを保護する方法を確認してください。


イベントにアクセスして Trend Micro Cloud One™と共有するには、次の手順に従います。

オプション1:AWSコンソールを使用する

  1. AWS CloudFormationコンソールにアクセスし、失敗したCloudFormationスタックを選択します。
  2. Eventsタブをクリックします。画面の上部に文字列(100+)が表示されている場合は、ページの下部にあるLoad moreボタンをクリックして使用可能な行のすべてを表示します。すべてのイベントがロードされると、 Load more ボタンは表示されなくなり、正確なイベント数が表示されます。
  3. Eventsタブですべてのイベントを選択します。4つの列すべてが選択されていることを確認します(TimestampLogical IDStatusStatus reason )。
  4. すべてのログイベントをクリップボードにコピーします。
  5. コピーしたログイベントを.txtファイルに保存します。オプションで、 Cloud One サポートチケットの確認メールに.txtファイルを添付できます。

オプション2:AWS CLIを使用する

  1. AWSコンソールの右上(アカウント名の横)にある四角いターミナルアイコンをクリックして、AWS CloudShellを開きます。AWS CloudShellがリージョンで使用できない場合は、CloudShellでサポートされているリージョン(例えば us-west-2)に切り替えて、失敗したスタックのログイベントの取得に進みます。独自のターミナルを使用することもできます。
  2. 次のコマンドを実行します。
    aws cloudformation describe-stack-events --region "<Your Stack Region>" --stack-name \
    "<Your Stack Name>" > stackEvents.txt
  3. ActionsドロップダウンメニューでDownload fileをクリックします。Download Fileポップアップ画面で、ファイルパス /home/cloudshell-user/stackEvents.txt を入力してダウンロードを完了します。
  4. StackEvents.txtファイルの内容をクリップボードにコピーします。

サポートチケットの作成

  1. Cloud One アカウントにログインし、 Supportに移動します。

  2. Name、Email、およびCountryフィールドに情報を入力します。

  3. 次の3つのフィールドで次を選択します。

    • ケースの種類:テクニカルサポート
    • サービス: Network Security
    • 重要度:一般ガイダンス
  4. 上記の手順でクリップボードにコピーしたCloudFormationスタックログイベントを Describe the problemフィールドに貼り付けます。

  5. Submitをクリックします。


注意:スタックイベントログを.txtファイルにコピーした場合、サポートチケットの送信に成功した後に受信したサポートチケットの確認メールに添付することで、このファイルをトレンドマイクロと共有できます。