目次
このページのトピック

アプライアンス展開トークンの管理

Cloud One™ - Network Securityの展開を完了するには、クラウド環境で Network Security 仮想アプライアンスからの要求を認証するための安全な方法を設定する必要があります。次の手順では、新しいアプライアンス展開トークンを生成し、 Network Securityに安全に接続する方法について説明します。

トークンの生成

アプライアンスの展開トークンを使用して、 Network Security 仮想アプライアンスの展開を手動で完了します。生成されたトークンには有効期限はありません。[ Manage Deployment Token ]ボタンをクリックして、いつでもこのトークンを取得できます。トークンを生成するには、次の手順に従います。

  1. Network Security ダッシュボードに移動し、左上隅にある[Search]バーの横の[ Manage Deployment Token ]をクリックします。

  2. [ Manage Deployment Token ]モーダルで、[ Generate Token ]ボタンをクリックします。新しいトークンの生成については、次の点に注意してください。


    重要

    新しいトークンを生成すると、まだ展開または登録されていないアプライアンスに対して以前に生成された展開トークンが無効になります。すでに展開されているアプライアンスには影響しません。CloudFormationテンプレートは、終了時にアプライアンスを登録解除するためにLambda関数を展開します。このLambda関数では、アプライアンスの登録を正常に解除するために有効なトークンが必要です。


  3. [ Copy to Clipboard ]を選択して、新しく生成されたアプライアンスの展開トークンをコピーします。

  4. Network Security 仮想アプライアンスを展開する際に、トレンドマイクロが提供する展開テンプレートで、プロンプトに従って展開トークンを貼り付けます。

  5. タイムアウトエラーまたは生成エラーが発生した場合は、[ Generate New Token ]ボタンをクリックして、要求を再試行してください。