目次
このページのトピック
自動セキュリティアップデートを有効にする
新しい脆弱性がインターネット上で発見され、悪用されています。これらの脆弱性に対するパッチのリリースおよび環境へのインストールには時間がかかる場合があります。トレンドマイクロは、世界最大の脅威調査チームを擁し、これらの脆弱性の悪用コードを特定するためのフィルタを常にリリースしています。デジタルワクチンの自動同期を有効にすると、これらの攻撃が検出されたときに手動で操作することなく、環境が自動的に保護されます。
デジタルワクチンの自動同期を有効にすると、最新の脆弱性や悪用手法から環境を保護できるだけでなく、 Payment Card Industry Data Security Standard(PCI DSS)への準拠にも役立ちます。
ルールID:NS-TI-001
リスクレベル:高(リスクは許容できない)
最新の脆弱性や攻撃コードから環境を保護するデジタルワクチンの自動同期を有効にして、セキュリティアップデートが自動的に適用されるようにします。自動同期により、IDS / IPSエンジン、ベースライン、および署名が最新に保たれます。
これは、次のコンプライアンス基準に役立ちます。
Payment Card Industry Data Security Standard(PCI DSS)
このルールは、AWS、 Network Security、および Cloud One - Conformityをシームレスに統合するための AWS Well-Architected Framework の作成に役立ちます。

デジタルワクチンの自動同期を有効にする

UIを使用してデジタルワクチンの自動同期を有効にするには、次の操作を実行します。

  1. Network Security 管理インタフェースのナビゲーションパネルで、[Policy]アイコン をクリックします。
  2. Sync Managementを選択します。
  3. [Digital Vaccine Auto-Sync]が[ Enabled ](初期設定)に設定されていることを確認します。