目次
このページのトピック

インタラクティブデモ

Cloud One Network Securityは、世界をリードする脆弱性調査チームによる高度な脅威調査に基づく仮想パッチでサーバとエンドポイントを保護します。無料のインタラクティブデモを使用して、仮想パッチの実際の動作を確認してください。 Network Security を起動してAWSのセキュリティ状況を評価し、新たな脅威から環境を保護する方法については、AWSアカウントを使用してください。このデモでは、既存の環境を変更する必要はありません。

デモの前提条件は次のとおりです。

  • Cloud One アカウント。ここで無料で作成してください。
  • AWSネットワークモデルとVPCイングレスルーティングの知識。
  • このデモは、 Network Securityをまだ展開していないユーザのみが使用できます。

次の手順に従って、インタラクティブデモを起動します。

  1. Cloud One アカウント をお持ちでない場合は、サインアップしてください。 Cloud One Webポータルにログインし、 Network Securityセクションに移動できることを確認します。
  2. Launch an interactive demoボタンをクリックして、デモページに移動します。
  3. Start interactive demoボタンをクリックします。

注意: デモ環境の起動には最大5分かかり、2時間使用できます。 Network Securityについては、約30分程度です。


次の図は、環境のアーキテクチャの概要を示しています。

新たな脅威対策

インタラクティブデモの準備ができたら、使いやすいLog4j保護チェックリストを確認して、AWSのモック環境をLog4jの脆弱性から保護する方法を学習できます。このタスクを完了すると、Log4jなどの新たな脅威に対する保護を開始、設定、および検証する方法がわかります。

デモ環境の資産をLog4jから正常に保護し、資産の保護ステータスを確認したら、Finish Demoをクリックしてデモを終了します。デモ環境は2時間後に自動的にリセットされます。

次の手順

Network Securityのインバウンドおよびアウトバウンド保護を体験することができたので、次の手順を実行してクラウドインフラストラクチャを保護します。

Network Security管理インタフェースのGet Startedウィザードを使用して展開を開始します。これにより、クラウドアカウントから取得した情報を使用してエッジ保護をネットワークに導入するCloudFormationテンプレートが生成されます。

Edgeの展開がお使いの環境に適していない場合は、使用可能な他のNetwork Security展開のオプションについての詳細を確認してください。