目次

従量課金

従量課金では、環境内の Network Security 仮想アプライアンスごとに、ネットワークを通過するギガバイト(GB)のトラフィックに対して1時間ごとに課金されます。仮想アプライアンスの再起動時やフォールバックモード時など、仮想アプライアンスがトラフィックを検査していないときは課金されません。

コストは1時間あたりのGB数で計算され、他の単位は含まれません。すべての値は、アプライアンスごとに1時間ごとに切り上げられます。たとえば、1つの仮想アプライアンスで1時間に2.7GBを使用し、別のアプライアンスで1時間に0.1GBを使用する場合、最初のアプライアンスには3GB、2番目のアプライアンスには1GBが課金されるため、その時間の合計料金は4GBになります。

この価格設定では、Digital VaccinesやThreatDVを含むすべてのセキュリティサービスが有効になります。GBはバイナリギガバイト(GB)で表されます。1GBは230 バイトです。これは、AWSがTransit GatewayなどのサービスのGBを測定する方法と同じです。詳細を表示

次の表は、料金設定の条件をまとめたものです。

次元 説明 単位 使用状況サービスに送信される頻度 AWS Marketplaceに送信される頻度 使用リソースの種類 定価
ネットワークGB Network Security 仮想アプライアンスを1時間ごとに通過するGB単位のトラフィック GB 時間単位 時間単位 Network Security 仮想アプライアンス $0.013 / GB

注意

Trend Micro Cloud One のリストに登録すると料金が発生します。すでにサブスクライブされているかどうかを確認するには、 Workload Securityに移動し、アカウント名をクリックしてから Account Detailsに移動して、 Cloud One アカウントタイプを確認します。 Cloud One アカウントの種類が Licensed through AWS Marketplaceの場合、 Network Security の使用に対して課金されます。


無料枠

無料利用枠を使用すると、 Network Security を無料で開始できます。 Network Security 仮想アプライアンス全体で集計され、毎月使用する検査済みトラフィックの最初の10GBは無料です。10GBのしきい値に達した場合にのみ課金されます。

この無料の10GB製品は、毎月1日に自動的に更新されます。未使用の容量が月ごとに繰り越されることはありません。

従量課金にサインアップしてください

従量課金を設定するには、 Workload Securityから 従量課金 に登録します。

前提条件


注意

Azure環境を使用している場合は、AWS Marketplaceアカウントから 従量課金 の請求にサインアップするためのAWSアカウントを作成します。


Workload Securityで従量課金制に登録する

  1. Cloud One アカウントにログインします。
  2. Workload Securityをクリックします。
  3. ページの上部にあるアカウント名をクリックします。
  4. ドロップダウンメニューからAccount Detailsを選択します。
  5. Upgrade to Paidをクリックします。
  6. Subscribe through AWS Marketplaceにクリックします。これにより、Trend Micro 従量課金サブスクリプションのAWS Marketplaceページが表示されます。
  7. Continue to Subscribeをクリックし、AWSアカウントにログインしてから、 Subscribeをクリックします。
  8. AWS Marketplaceで従量課金制アカウントを設定すると、サブスクリプションが有効になります。

ベンダー提供のコスト配分タグ


注意

ベンダー提供のコスト割り当てタグは、現時点ではAWS環境でのみ使用できます。


コスト配分のタグ付けを使用すると、組織内の複数の部門や下位部門でのネットワーク使用状況など、AWS環境のさまざまなコストに関するより詳細な情報を表示できます。

ベンダー提供のコスト割り当てタグ機能(詳細を参照)を使用して、 Network Security の従量制使用に対応する特定のタグを作成します。Network Security タグを使用すると、メンバーアカウントの請求情報をより詳細に確認できます。

Network Security コスト割り当てタグを有効にする

  1. マスター支払者アカウントの認証情報を使用してAWSマネジメントコンソールにログインします。
  2. Billing and Cost Managementダッシュボードに移動します。
  3. Cost allocation tagsをクリックし、ページの上部にあるAWS-generated cost allocation tagsタブをクリックします。
  4. タグのリストから aws:createdByaws:marketplace:isv:cloudAccountId タグを選択し、Activateをクリックします。詳細を表示

注意

Network Security タグが有効化されてから、項目別の使用状況がAWS Cost Explorerに反映されるまでには、最大で24時間かかることがあります。


項目別使用状況を表示する

  1. BillingダッシュボードからAWS Cost Explorerページに移動します。
  2. Cost Explorerコンソールを使用して、表示する関連データの日付など、一連のパラメータを入力します。
  3. Usage Typeフィルタで、 Network Security課金ディメンション、 MP:NetworkGB-Unitsを選択します。
  4. Tagフィルタで、以前に有効にしたタグ aws:marketplace:isv:cloudAccountIdを選択します。
  5. グラフの上部のGroup by valuesで、Tag をクリックし、タグ名を再度選択します。

コストエクスプローラーレポートが更新されると、ネットワーク内のさまざまなアカウントの使用状況の内訳を確認できます。AWS Cost Explorerの詳細