目次
このページのトピック

資産

Assetsページには、 Network Securityによって保護できる資産または現在保護されている資産の詳細なリストが表示されます。これにより、AWSアカウント全体で保護されている資産を簡単に確認できます。


注意

Azureの資産は、Protectable assetsページではまだサポートされていません。


Network → Assets ページに移動して、すべてのAWS資産とその保護ステータスのリストを表示します。

Assetsページの上部に、セキュリティのポスチャ評価グラフが表示されます。このグラフは、すべてのAWSアカウントの資産の保護ステータスを示しています。ポスチャ評価の詳細

アセットはAWSアカウントごとに自動的にグループ化されます。各アカウント内で、現在保護されている資産または保護に使用可能な資産のリストを表示できます。

Deploy Protection

資産の横にあるInternet Traffic Protectionステータスが Deploy Protection ステータスの場合、その資産は現在Edge Protectionの展開オプションで保護されていません。Deploy Protectionをクリックして、 Deploy Protection ウィザードを開き、各資産を保護します。


注意

Deploy Protection ウィザードでは、Edge Protection展開オプションが使用されます。Protectable assetsページでは現在、Edge Protectionの展開オプションのみがサポートされています。 その他の展開オプションを使用して資産を保護することはできますが、これらの変更はassets画面には反映されません。


インターネットトラフィック保護のステータス

ステータス Description
保護されている Network Security 仮想アプライアンスが展開され、この資産を保護しています。
Deploy Protection この資産は現在、Edge Protection展開オプションでは保護されていませんが、 Deploy Protection ウィザードで保護を展開できます。別の手動展開オプションを使用する場合、このステータスは変更されません。
問題が見つかりました Network Security がこの資産を保護できない問題が見つかりました。問題を解決し、資産を更新して保護を有効にします。
読み込みエラー 内部サービスエラーまたはAPI権限の問題が発生しました。
保護できません これらのVPCにはIPv6 CIDRブロックが設定されていますが、サポートされていません。Network Security は、IPv4展開の保護のみをサポートします。
インターネットゲートウェイなし Network Security は、この特定の資産の設定のため、自動エッジ保護展開でこの資産を保護できません。 これらの資産の保護は手動で展開できます。