目次
このページのトピック

GCPStackをアップデートする

File Storage Security Stackを手動でアップデートして、特定の機能と修正を利用する必要があります。(現在、 File Storage Security では、Stackまたはコンポーネントの自動アップデートはサポートされていません)。

すべての機能と修正でStackアップデートが必要なわけではありません。詳細については、 新機能 を参照してください。

開始前の準備

新機能 をチェックして、必要な機能にアップデートする必要があるStack(Scanner またはストレージ)を確認します。

Stackのアップデートが必要な機能と修正については、「この機能を使用するにはStackのアップデートが必要です」と記載しています。

Stackをアップデートする

  1. Stack Management > GCP > Deploy > Deploy Scanner Stack and Storage Stackに移動します。

  2. [ Launch Stack ]の順にクリックして、Cloud Shellエディタを開きます。

  3. ScannerプロパティをGCP Deployment Managerのデプロイのプロパティに置き換え、必要に応じてプロパティを変更します。

    1. [GCP]で、scanner.yamlを選択します。
    2. GCP Deployment Managerに移動して、Scanner Stackのデプロイを探します。
    3. GCP Deployment ManagerからScanner Stackのデプロイのリソースプロパティをコピーします。
    4. scanner.yaml ファイルにプロパティを貼り付けて、テンプレートのプロパティの値を上書きします。(古い配置にプロパティが存在しない場合は上書きしないでください)。
    5. 必要に応じてプロパティの値を変更します。
    6. managementServiceAccount フィールドの情報をコピーします。
    7. 手順6でコピーした情報を [リソース]→[プロパティ]→[managementServiceAccount] フィールドに貼り付けます。
    8. 秘密鍵 Scanner と値をGCP Deployment Managerからコピーします。
    9. 上記の手順のデータをscannerSecretNameフィールドに貼り付けます。
  4. storage.yamlプロパティをGCP Deployment Managerのデプロイのプロパティで置き換え、必要に応じてプロパティを変更します。

    1. [GCP]で、storage.yamlを選択します。
    2. GCP Deployment Managerに移動し、 Scanner Storage Stackのデプロイを探します。
    3. Storage StackのデプロイのリソースプロパティをGCP Deployment Managerからコピーします。
    4. プロパティをstorage.yamlに貼り付けて、テンプレートのプロパティの値を上書きします。(古い配置にプロパティが存在しない場合は上書きしないでください)。
    5. 要件に応じてプロパティの値を変更する
    6. managementServiceAccount フィールドの情報をコピーします。
    7. [リソース]→[プロパティ]→[managementServiceAccount]フィールドに情報を貼り付けます。
  5. Cloud Shellでアップデートコマンドを実行します。

    • Scanner Stackのアップデート

      gcloud deployment-manager deployments update ${DEPLOYMENT_NAME} --config scanner.yaml

    • Storage Stackのアップデート

      gcloud deployment-manager deployments update ${DEPLOYMENT_NAME} --config storage.yaml