目次

Azureスタックのアップデート

File Storage Security スタックを手動でアップデートして、特定の機能や修正を利用する必要がある場合があります。

すべての機能とフィックスでスタックアップデートが必要なわけではありません。詳細については、 What's New を参照してください。

File Storage Security によるAzureコンポーネントへの自動アップデートの詳細については、Azureのコンポーネントのアップデートを参照してください。

開始前の準備

の新機能 をチェックして、必要な機能にアップデートする必要があるスタック(Scanner またはストレージ)を確認します。
スタックのアップデートが必要な機能と修正については、「この機能を使用するにはスタックのアップデートが必要です」と記載しています。


スタックをアップデートする

Scanner Stack または Storage Stackをアップデートするには、既存のリソースグループにスタックを再配信する必要があります。テンプレートリンクまたはAzure CLIを使用して、既存のリソースグループを更新します。アップデートプロセスは、スタックの作成と同じです。詳細については、「 Create Stacks in Azure」を参照してください。

テンプレートの Resource group パラメータを、アップデートするパラメータに設定する必要があります。

その他のパラメータは、必要に応じて更新できます。更新する必要のないパラメータには、以前の配信と同じ値を指定します。以前のスタックデプロイのパラメータをAzureポータルで確認するには

Resource groups >あなたのScanner StackまたStorage Stackリソースグループ>Deployments > scannerStack または storageStack >Inputsに移動します。

スクリーンショット