目次

使用中のs3:ObjectCreated:*イベント

バケット に s3:ObjectCreated:* イベント通知用の既存のワークフローがある場合、 では次の2つのオプションを選択して File Storage Securityを配信できます。

1. s3:ObjectCreated:*イベントが一部使用中

ObjectFilterPrefix パラメータを使用し、使用されていないプレフィックスを指定してください。 詳細については、無効なプレフィックス/サフィックスが重複する通知設定の例を参照してください。

2. バケット全体で使用されるs3:ObjectCreated:*イベント

イベントを File Storage Securityにバインドしない場合は、 TriggerWithObjectCreatedEvent パラメータを使用します。 代わりに、プログラムで、またはSNSトピック サブスクリプションのいずれかで、ストレージスタックに配置された BucketListenerLambda を呼び出して、検索をトリガします。 BucketListenerLambdaの入力イベントは、S3イベントメッセージ構造 s3:ObjectCreated:*イベントの全体、またはSNS通知によって配信される s3:ObjectCreated:*イベント全体である必要があります。