目次
このページのトピック

GCPスタックを削除する

スタックを削除して、GCP環境から File Storage Security を削除できます。同じプロセスを使用してStorage StackとScanner Stackを削除します。

Scanner Stackを削除するには、最初に Scanner Stackに関連付けられているすべてのStorage Stackを削除する必要があります。

コンソールからスタックを削除する場合は、[スクリプトのコピー]ボタンを使用してスクリプトをコピーできます。スクリプトがクリップボードにコピーされ、GCP Cloud Shellに貼り付けることができます。

コンソールからスタックを削除するには:

  1. File Storage Securityへサインインします。
    コンソールが表示されます。
  2. テーブルで、スタックを選択します。
  3. [Delete]をクリックします。
  4. スタックに関連付けられているリソースを削除します。
    1. [Copy Script]をクリックします。
    2. [Open Cloud Shell]をクリックします。
  5. [Delete]をクリックします。 スタックはコンソールから削除されます。

次に、GCP CloudShellでスタックのデプロイを削除する必要があります。

  1. CloudShell CLIでスクリプトを貼り付けて実行します。
  2. [Authorize]をクリックします。
  3. 削除を続行するには、「Y」と入力してください。
  4. Scanner Stackを削除する場合は、再度「Y」を入力する必要があります。