目次

Python

サポートされるバージョン

AgentはLinux環境にのみインストールできます。Windowsではサポートされていません。

Application SecurityのPythonエージェントは、次のパッケージと互換性があります。

コンポーネント Version
Python 3.5〜3.8
Django 2.0〜3.2
Flask 0.11〜2.0
Pyramid 1.6〜2.0
Tornado 5.1〜6.1

Python 3.6以降でサポートされています

コード保護機能

エージェントは、WSGI Webアプリケーション、Tornadoアプリケーション、およびAWS Lambda 機能を保護できます。また、一部のコード保護機能は、有効にした場合に適切に機能するために、より具体的な要件があります。依存関係なし は、コード保護機能に特定のコンポーネントが不要であることを示します。

機能 必要
SQL Injection
  • Mysqlclient
  • psycopg2
  • pymssql
  • PyMySQL
  • sqlite3
Remote Command Execution
  • Django
  • Pyramid
  • Tornado
  • Werkzeug
  • AWS Lambda
Remote Command Execution:HTTP Params
  • Django
  • Pyramid
  • Tornado
  • Werkzeug
  • AWS Lambda
Illegal File Access
  • 依存関係なし
Open Redirect
  • Django
  • Flask
  • Tornado
Malicious Payload
  • 依存関係なし
Malicious File Upload
  • 依存関係なし

エージェントをダウンロードする

Pythonエージェントは、 ダウンロードページから入手できます。

エージェントをインストールする

エージェントをインストールするには、次の手順に従います。

  1. Application Security パッケージを _requirements.txt_に追加します。
    trend_app_protect
  2. pipを実行してパッケージをインストールします。
    pip install -r requirements.txt
  3. WSGIスクリプトの先頭にある trend_app_protect.start モジュールをインポートします。
    import trend_app_protect.start
  4. エージェントキーとシークレットを設定するには、次のいずれかを実行します。
    • TREND_AP_KEY および TREND_AP_SECRET環境変数を設定します。 Key および Secret は、 Group Settings > Group Credentialsにあります。
    • trend_app_protect.ini ファイルを作成します。これは、プロジェクトのルートまたは /etc の下に配置する必要があります(ただし、 環境変数.ini ファイルよりも優先されます)。
      [trend_app_protect]
      key = my-key
      secret = my-secret