目次

.NET(プレビューリリース)

サポートされるバージョン

AgentはLinux環境にのみインストールできます。Windowsではサポートされていません。

Application Securityの.NETエージェントは、次のコンポーネントと互換性があります。

コンポーネント 必要なパッケージとバージョン
.NET Core Platform .NET Core 2.1-.NET 5

コード保護機能

一部のコード保護機能は、特定のコンポーネントがアプリケーションで使用されている場合にのみ有効になります。次の表に、コード保護機能を有効にするために必要なコンポーネントを示します。依存関係なし は、コード保護機能が初期設定で有効になっていることを示します。特定のコンポーネントは必要ありません。

機能 必要
Agent ASP.NET Core
SQL Injection EntityFramework Core 2.1以降
Remote Command Execution 依存関係なし
Illegal File Access 依存関係なし
Open Redirect 依存関係なし
Malicious Payload 依存関係なし
Malicious File Upload 依存関係なし

エージェントをダウンロードする

TrendAppProtect.zipをダウンロードします。プレビュー版のAgent .NET Coreは、トレンドマイクロ担当者からの要求があった場合にのみ利用できます。

エージェントをインストールする

  1. インストール先ディレクトリにアーカイブを展開します。たとえば、 /usr/local/trend_app_protect_netcore
  2. でエージェント設定を編集します<installation_directory>/TrendAppProtect.config、 例えば/usr/local/trend_app_protect_netcore/TrendAppProtect.config key および secretを構成します。これは Group Settings > Group Credentialsにあります。
     <configuration>
       <key>[The Group Key]</key>
       <secret>[Your Secret]</secret>
     </configuration>
  3. .NET Coreアプリケーションを実行しているプロセスに対して、 環境変数 を設定します。
  4. アプリケーションを起動または再起動します。