目次

Azure Active Directory (AD)セットアップガイド

Trend Micro Cloud OneのメタデータXMLをダウンロードする

  1. IDおよびアカウント権限へのフルアクセス権を持つ Trend Micro Cloud One にログインします。
  2. 画面の下部にある[ ユーザ管理 ]をクリックします。
  3. 左側のIDプロバイダタブをクリックします。
  4. [ Trend Micro Cloud One用のメタデータXMLをダウンロード ]リンクをクリックするか、リンクを右クリックしてオプションを選択し、ファイルを保存します。

このXMLファイルは、SAMLを設定するためにAzureにアップロードされます。後で別のXMLファイルを使用して Cloud One にアップロードします。

Azure ADでのSAMLの設定

以下の手順の詳細については、 Azureのドキュメント を参照してください。

Azureアプリケーションを作成する

  1. Azureにログインします。 SAMLを設定するディレクトリを選択していることを確認します。
  2. Azure Active Directory に移動し、[ Enterprise Applications ]を選択します。
  3. [ New Application ]をクリックし、[ Create your own application ]を選択します(無効、つまりグレー表示になっている場合、サブスクリプションへの管理アクセス権があることを確認します)。

  4. アプリの名前を指定し、[ non-gallery ] (以下)を選択して、[ Create ]をクリックします。

  5. 左側のナビゲーションバーで[ Single sign-on ]をクリックし、シングルサインオン方法として[ SAML ]を選択します。

ユーザとグループを割り当てる

  1. 左側の[ Users and groups ]をクリックし、[ Add user/group ]をクリックします。アプリケーションに割り当てるユーザまたはグループを選択します。
  2. 個々のユーザを選択する場合は、そのユーザがグループの一部であることを確認し、後で使用する グループIDを書き留めます。グループを選択する場合は、後で使用するために オブジェクトID を書き留めてください。

基本的なSAML設定

  1. 左側の[ Single sign-on ]をクリックし、[ Upload metadata file ]をクリックして、 Cloud One メタデータファイルを選択します。
  2. Identifier (Entity ID) および Reply URL (Assertion Consumer Service URL) が入力されていることを確認します。 Reply URL にはパス /idpresponseが含まれることに注意してください。さらに、ユーザのサインインで Workload Security を自動的に開くには、 [ Relay State ]フィールドに「/workload」と入力します。
  3. 右側にある[ Save ]をクリックします。

コンソールのテーマを設定する

テーマクエリパラメータの指定はオプションで、ユーザはアイデンティティプロバイダSAML応答から取得したrelayStateで特定のテーマを指定できます。有効なテーマ値は「light」と「dark」です。「ダーク」を選択すると、 Trend Micro Cloud One コンソールがダークモードで開きます。テーマパラメータが指定されていない場合、ブラウザの初期設定はライトモードになります。

テーマを指定するには、SAML応答のrelayStateでクエリパラメータとして「theme」を「dark」または「light」のいずれかの値とともに含める必要があります。

RelayStateの場合:

  • /theme=dark 暗いテーマの場合
  • /theme=light ライトテーマ用

属性と要求

  1. [ Edit ]をクリックして、 Attributes and Claimsを設定します。
  2. Name ID クレームは初期設定のままにします。
  3. [ Add a group claim ]をクリックします。Cloud Oneにアクセスするグループを追加できます。以前にアプリケーションに割り当てたグループを反映した最適なオプションを選択します。詳細については、Azureのドキュメントを参照してください。
  4. ソース属性を Group ID のままにして、[ Save ]をクリックします。クレーム名をメモします。例: http://schemas.microsoft.com/ws/2008/06/identity/claims/groups
  5. 戻って属性と主張、 クリック新しいクレームを追加、名前を入力してくださいlocaleとのためにソース属性選択するuser.preferredlanguage次にクリックします保存

詳細については、 属性のクレームガイド を参照してください。

Cloud OneでSAMLを設定する

  1. Cloud One IDプロバイダ ページで、[ 新規 ]をクリックします。
  2. [ IDプロバイダ ]ダイアログボックスの[ エイリアス ]フィールドに任意の名前を入力しますが、名前にはAzure ADやOktaなどのIDプロバイダを含めることをお勧めします。
  3. メタデータXMLファイル ボックスで、 ブラウズ ボタンをクリックし、IDプロバイダー( Cloud Oneではない)からダウンロードしたメタデータファイルに移動します。
  4. [マッピング]セクション(SAMLシングルサインオンについての説明を参照)には、次の手順で説明する役割と属性を指定します。
  5. 役割http://schemas.microsoft.com/ws/2008/06/identity/claims/groups に設定します(これはグループ要求の要求名です)。
  6. グループ を先ほど割り当てたグループのグループIDまたはオブジェクトIDに設定し、 Cloud One ロールにマッピングします。
  7. 名前属性http://schemas.microsoft.com/identity/claims/displayname
  8. ロケール属性 をに設定 locale
  9. タイムゾーンの要求がないため、 タイムゾーン属性 を空のままにします。
  10. [保存] をクリックします。

[マッピング]セクションで[ + ]をクリックして、複数の グループを追加します。複数のグループに異なるアクセス権を設定できます。

SAML SSOのテスト

  1. Azureで、 Single sign-on 内の下部にある[ Test ]をクリックして、現在のユーザとしてのログインをテストします。
  2. 通常のワークフローをテストするには、 My Apps for Microsoftに移動し、SAMLアプリケーションを選択して Cloud Oneにログインします。

問題が発生した場合は、 トラブルシューティングSAMLガイド を参照してください。