目次
このページのトピック

Servicenow ITSM通信

場所

Main Dashboard > Select {Account} > Settings > Communication settings > Update communication settings > Configure 'ServiceNow ITSM'

Trend Micro Cloud One™– Conformity は、 ServiceNow ITSMと統合されています。ビジネスワークフローで ServiceNow ITSM を使用する場合は、手動でチケットを作成するか、アカウント内の関連イベントの自動チケット作成のトリガを設定できます。

ServiceNow ITSM チャネルのセットアップ

  1. [ Create an ServiceNow channel]をクリックします。





  2. 自動通知を設定します
  3. 手動通知を設定します
  4. Channel Name を入力して、同じ種類の他のチャネルと区別します。

    フィールドは20文字に制限されています

  5. トリガを設定します

  6. Configure board now には3つのステップのプロセスが必要です。

    1. 次の情報を入力して、ServiceNowと統合します。
      1. ServiceNow URL
      2. ユーザ名
      3. パスワード

    2. 統合に成功すると、 Conformity ダッシュボードにユーザのServiceNowアカウントからメタデータが自動的に読み込まれます。 Extra settings を入力して、通信チャネルをカスタマイズできます。 Advanced settings ( Creation override や Resolution overrideなど)も設定できます。


    複数のユーザに通知を送信するには、ServiceNowチケットをグループに直接割り当てます。

  7. 設定のテスト :正しい設定がセットアップされていることを確認します。

  8. 通信設定をコピーします


ServiceNow通信チャネルでServiceNowのカスタムフィールドを設定する方法はありますか?チケットの作成時にServiceNowの設定に必須のフィールドをいくつか追加したいと思います。

はい。ほとんどのカスタムフィールドは、Advanced settingsのオーバーライドフィールドに含めることができます。

たとえば、次のとおりです。

Creation override

{
    "impact": 1,
    "urgency": 1,
    "priority": 1
}

Resolution override

{
    "close_notes": "Problem/Incident has been marked as resolved by Conformity."
}

Service Now(SNOW)統合のオーバーライドフィールドのJSONの例

作成オーバーライド:

{
    "impact": 1,
    "urgency": 1,
    "priority": 1
}

解決オーバーライド:

{
    "close_notes": "Problem/Incident has been marked as resolved by Conformity."
}

ここのSNOW APIで使用できます。

ConformityのJSONの例

Conformity は、Table API v1(/api/now/v1/table/problem または /api/now/v1/tableincident)に通知します。

リクエストの本文は次のようになります。

{

    "short_description": "",

    "description": "",

    "comments": "",

    "urgency": "",

    "impact": "",

    "priority": "",

    "assigned_to": "" 

    "caller": ""<== Only for incidents,

    }

ServiceNowインスタンスのバージョンと設定によっては、追加のフィールドを使用できる場合があります。ServiceNow内からREST APIエクスプローラを参照して、要求のオーバーライド時に含めることができるフィールドを確認できます。